1月23日放送の「マツコの知らない世界」に
全国のみかん農家を巡っている東大生
清原優太さんがゲスト進出します。

 

 

清原優太さんは、偏差値75の
みかんを紹介するということでしたが、

その他おいしいみかんの見分け方などを
紹介するとのこと。

 

今回は、そんな清原勇太さんについて
取り上げていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

清原勇太 プロフィール

 

 

【氏名】清原勇太(きよはらゆうた)
【生年月日】1993年生まれ
【出身地】
【学歴】東京大学経済部・農業経済学専攻
【職業】株式会社みかん代表取締役

 

みかんが大好きであると言われる
清原勇太さんは、生まれは日本の
東京都ですが5歳まではインドネシアに
いたそうです。

ちなみに、初めて覚えた現地の
言葉は「オレンジジュースちょうだい」
というものだったそうです。

 

そして、清原勇太さんは
東大のなかでみかんに特化した
「東大みかん愛好会」を設立するほどに
なりました。

其の後は愛好会の代表を2年間
務めている間は100人規模にまで
成長していたそうで、
其の後は引退したそうです。

其の後は2016年に「株式会社みかん」を
設立します。

 

東大とみかんというとあまり接点が
見えないような気がしますが
みかんに対する愛情のすごさを
感じさせます。

 

スポンサーリンク

 

 

清原勇太の会社「株式会社 みかん」とは?

 

清原勇太さんは、2016年に
「株式会社みかん」を起業します。

以下、株式会社みかんの
概要になります。
【会社名】株式会社みかん
【代表取締役】清原勇太
【設立】2016年5月20日
【住所】東京都中央区日本橋馬喰町1-9-1
【事業内容】
みかんのプロモーション
イベント、コミュニティ
商品販売・商品開発
国外輸出・コンサルティング

 

 

正直、みかんに特化したということで
商売になるのかどうかは微妙な感じも
しなくはありませんが、

現在はみかんの国内での消費量が
かつての3割以下になったことで
そこを持ち直すことができれば、

温州みかんだけでも3500億の市場なので
0.1%の売り上げがあっただけでも
3億ものの売り上げがあるそうです。

 

そういったところに清原勇太さんは
目を付けたようで、ビジネスチャンスが
あると判断したのでしょうね。

 

 

 

 

さいごに

 

自分の好きなものをビジネスにして、
売り上げを出せるというのは
努力や市場があってのものだとは思うものの
凄いことだよなと思います。

 

なかなか競合がなくて
利益の得られるビジネスができると
いうのは素晴らしいですね。