shizensaigai_typhoon
台風16号が9月13日、
フィリピン沖に発生。
また今週末(9月17日より)には
シルバーウィークに突入するため
台風の経路が心配でたまらないところ。
8月、9月と台風が相次いで
日本国内へ上陸しているが、
台風16号に関してこれからの
経路の情報などをまとめてみました。

台風16号の進行方向は?

台風16号は13日12時時点で
フィリピンの東にあり、西北西の方向に
時速25キロの速さで進行している。
台風名はマラカスという。
気象庁の予報では、14日、
15日とマラカスこと台風16号は
進路を変えず北西方面に向かって進み、
16日までは日本へは
上陸しないと見込んでいる。
ただ、台風の勢力は「強烈である」ので、
もしも日本へ上陸したのであれ、

充分暴風雨に気を付けなければならない。

 

 

米軍と欧州は?

気象庁によると日本への上陸は
予想してなかったが、

米軍や欧州の中期予報センターでは
日本へ上陸するとの見通し。
強い勢いを保った台風16号は、
16日には沖縄へ突入し
18日に九州地方へ接近又は
上陸する見通しとのこと。
米軍では、気象庁よりも東側の
経路をたどると想定。
その後に、16日頃に台風16号の
経絡が北西から北東領域へと急カーブし、
16日には沖縄・石垣島地域へ接近、
さらには18日には九州方面に
近付く恐れありということです。
 また、欧州中期予報センターによると、
16日あたりに勢いを増大させながら沖縄に近づき、
18日には九州方面へ
近づき、上陸の可能性があるとみている

連休初日から上陸する?

気象庁や米軍など世界各国の
気象状況の予報を整理すると、
台風16号は16日頃に沖縄方面へ近づき、

18常日頃より九州方面に近づき、
あるいは上陸する確率が高いと思われる。

シルバーウィークのはじめの3連休に、
台風が上陸し空模様があやふやな
状態となる見通しだ。

秋のお出かけ時期で、アウトドアや
遊園地などでエンジョイする計画を
立てている人もいることでしょう。

スマートフォンの天気模様
アプリケーションなどをうまく使い、
新しい台風情報には充分気を付けていきたい。

 

 

台風に備えて

台風が連続して上陸しているので、
これを機に台風に対しての準備を
再度確かめておくことも良策だと思います。

常日頃より可能な対処法としては、
緊急器具の調達があげられます。

また、予め、身内と避難先を
当たっておくのも外せない。

台風が接近してくると分かった場合は、
無闇な外出は止めざるを得ない。
河川の増水や土砂崩れなどの災害などが
想定出来るためです。

ほかにも、家の近所でそういった危うい場所が
あるのだとすれば、地域内の指示に沿って
避難することも必要になってくるでしょう。

もし台風が近づいて来た時は、
台風のニュースをTVの気象状況のほか、
気象状況アプリやウェブサイトで
新着のものを確認したいところだ。

また、家の窓の補てんや浴槽に水を張り、
非常時の備品を備え、もしもの事態に
備える事も必須であるだろう。

さらに、雨風が猛威をふるってからは、
出歩くことは止めざるを得ない。

用水路や海岸へ出向く事は本当にダメだ。
台風16号が上陸した際も、
充分に備えて、何事もなくシルバーウィーク後半を
迎えていきたい。

ツイッターでの反応は?

明日からは、3連休でお出掛けを
予定されている方も多いと思います。

しかしながら、台風16号が日本に接近してくる
予報が出ていますので、こまめに天気予報を
確認するなど、無理のない休日プランを立てましょう。

引用元 goo.gl/1DuVj

台風第16号マラカスの進路予報,
西日本への接近のタイミングが
少し遅れる予報になってきています.

いずれにしても日本付近に来そうですが,
シルバーウィーク中の影響のタイミングや
範囲・規模が気になるところ.

最新の台風情報にご留意ください.

引用元 goo.gl/1DuVj