北朝鮮が核実験をしたとしたら、
アメリカのよる空爆で
朝鮮半島がフルボッコされるのか??

インターネット上ではそのような噂が
尽きることがないわけですが、
北朝鮮が先日行った核実験は
トータルで6回になります。

 

そこで今回は、北朝鮮が
核実験を行った場合は
日本にどのような影響を及ぼすのか?

そして、再度ミサイル発射をする
タイミングはいつになるのか
というところについて考えていきたいと
思います。

 

スポンサーリンク

 

 

北朝鮮 ミサイル発射を失敗させたのは意図的?!

 

2017年4月15日の太陽節に
(故・金日成主席の誕生日)
ミサイルが発射したとも言われていますが、
(実際には発射を失敗と報道されました)

若しくはアメリカが撃ち落としてくれた
という説もあります。

そしてトランプ大統領が北朝鮮に対して
威圧してくれたおかげで、暫くの間は
核実験がないだろうと踏んでいますが、
まだまだ予断は許されない状況と言えるでしょう。

スポンサーリンク

今回は北朝鮮のミサイル発射について
いったんは不発に終わったということで
落ち着いた?!ものの、

2017年4月15日は、金日成の生誕
105周年記念日ということで、
このような記念日とされるときに
何かしらのアクションがあるのではないかと
噂されていました。

 

そして、実際に4月15日には
ミサイルが発射されたものの、

 

(北朝鮮による6回目の核実験実施については、
これまでも噂になっていましたが)
失敗に終わったようです。

 

また、北朝鮮がミサイル発射を
失敗した件については
別記事でも取り上げていますので
よろしければご覧ください。

北朝鮮がミサイル発射を失敗した理由とは?

 

 

北朝鮮がミサイル発射を失敗した
理由というのは、以下の2つが
考えられます。

 

①アメリカの圧力にびびってしまい、
建前上はミサイルを発射させた
ということにして、身を引くことを
隠すということ。

 

②アメリカが北朝鮮のミサイルに
対抗してくれて、見事に撃ち落とした

というものですが、それでも
日本国内ではさほど緊張感が
ないようです。

 

 

 

 

北朝鮮のミサイル発射について、日本に緊張感がないのは?

 

 

今回のように、北朝鮮ナンバー2の発表のように
ミサイル発射に失敗したということなので、
ひとまずは安心であるものの、

たとえばテレビ番組で韓国に旅行で来ている
日本人の観光客が「楽しく旅行しています」
という回答をしていることから、

いまひとつ緊張感に欠けるような
感じがしますね。

 

そもそも、日本のテレビが
北朝鮮のミサイル問題に関して
報道しない理由については、

①まだ事が起こっていない
②報道規制があるため

といった理由によって
なかなか国民にまで
行き届かないのではないかと
思われます。

 

しかしながらも再びミサイルが
発射される可能性はあるとされて
いるため、油断はできません。

また、もし北朝鮮のミサイルが
日本に発射された場合は
どのような影響があるのでしょうか?

北朝鮮のミサイルが発射された場合、日本に及ぶ影響は?

北朝鮮のミサイルが日本に墜落した場合は、
現時点では想像もつきませんが、
それでも大きな影響が出ることは間違いないでしょう。

ちなみに、直近に起こった大惨事を挙げると
2011年に起こった東日本大震災が
挙げられますが、
その被害状況については以下の通りになります。

東日本大震災の被害状況

①被害総額 16兆9000億円(防衛費の3倍)
②死傷者、行方不明者17,000人以上
③避難者180,000人以上

ということで、東日本大震災でさえ、
天災による被害が上記のような
ものとなるので、

人為的なものである北朝鮮の核実験であれば、
更に被害が大きくなるのではないかと
予想します。

北朝鮮のミサイル再発射のXデーはいつ?

2017年4月15日にミサイルを発射したものの、
失敗に終わった北朝鮮が、
次にミサイルを発射するのはいつなのか?

現時点ではまだ予想がつきませんが、
逆にアメリカが圧力をかけるために
奇襲攻撃をかける可能性はありそうな
気がします。

 

ネットではアメリカが北朝鮮を
迎撃するのは2017年4月27日と
いうことが噂されています。

その理由は、その日が「新月」と
されていて、月の光が夜でも
入ってこないということから、
攻撃を仕掛けやすいというところから
Xデーとされているようです。

 

実際にシリアにトマホークを発射した
ときも夜間に実行されたという
経緯もあり、

新月のときであれば北朝鮮に
動きを察知されにくいとされています。
そして、北朝鮮の軍事基地を破壊