2018年5月1日21:00より放送の
「世界仰天ニュース」にて、

ゲストの女性が30年間ある食材を
食べずにいたところ、
美貌を手に入れることができた
ということで注目を集めそうな雰囲気です。

そのゲストの女性とは、
オーストラリアに在住の
「キャロライン・ハーツ」さんという
70歳の女性になります。

今回は、そんな70歳なのに若々しさを
保っているとされる美魔女について
取り上げていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

【画像】キャロライン・ハーツの美貌がヤバい!若さを保つ秘訣は、砂糖を食べないことだった!!

 

 

キャロライン・ハーツさんは長寿国オーストラリアに在住

mg_carolyn_fitness_comp

引用元 http://media-groove.com

 

 

 

上の画像が70歳美魔女と言われる
キャロライン・ハーツさんの姿です。

キャリライン・ハーツさんは
オーストラリアにお住まいの方で、
オーストラリアは日本と同様に?!
長寿国としても有名なんだとか!

 

ちなみに、オーストラリアの
平均寿命は男女合わせて82.4歳だそうです。

 

そんなオーストラリアで暮らしている
人全員が若々しいとも限らないでしょうから、
キャロライン・ハーツさんの美意識は非常に
高いのかな~なんて思ってしまいます。

 

 

キャロライン・ハーツさんが美貌を保つきっかけは、糖尿病予備軍だった?!

 

70歳になっても美しさを保てるだけ
凄いなと思いますし、若い頃から
それなりに綺麗だったんだろうなと
察しますが、

実は昔は依存症と言われるほどの
甘党だったとか・・・

そして、40歳の頃から糖尿病を
患っていたそうです。

 

その原因が砂糖を含んだ食べ物に
あったそうで、砂糖を食べることによって
しみやしわといった肌の劣化に繋がって
いったそうです。

 

そこで、砂糖を食べない生活を
28年間続けていった結果、
現在の様なアンチエイジングに繋がったそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

砂糖を摂らないことがアンチエイジングになる理由とは?

砂糖の摂取量が多いことで

「肥満、虫歯、肌の劣化、糖尿病」

といった症状になりやすいことは
よく言われているようですが、

 

それ以外には

集中力が高まること疲労も蓄積しない
というメリットもあるようです。

 

ちなみに、世界的にも

WHO「砂糖を使用した飲料への課税」
アラブ首長国「大臣がみずから30日間砂糖断ちを提言」

 

といった動きがあるほどのようなので、
今後徐々に日本にも砂糖断ちダイエットの
手法として取り入れられていくのかもしれませんね。

 

 

さいごに

 

とはいえ、28年間も砂糖を摂らずに
生活するのは相当ストレスだったのでは
ないかと思いますが、

いったいどのようにしていたのかも
気になりますね。

キャロラインさんは、砂糖の代わりに
「キシリトール」を使っていたそうです。

キシリトールは、天然の甘味料で、
砂糖の代わりになるようで
カロリーも半分なんだとか。

また、キャロラインさんは
キシリトールを使ったアンチエイジングに
関する本を出版するなどもしているそうです。

その他、日々プロテインを摂取したり、
8時間の睡眠を取ること、そして
ヨガや瞑想などを日課にしているそうです。

日常では、自然派のスイーツを販売する事業を
行っているそうで、プライベートと仕事の
バランスもうまく取れているんだとか。

そんなことを考えると、体に摂取するものと
同じくらいに生活を充実させるということも、
身体にとってはとても大切な事なんだなと
しみじみ思います。