2018年5月5日 21時00分~23時10分の間に
放送される「土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ 
世紀の誘拐事件&奇跡の生還SP」にて、

「14歳美少女誘拐事件」といった今から
16年前の2002年に起こった事件が特集されます。

今回、同番組内で事件の真相について
被害者となったエリザベスさんや
犯人についても取り上げられるそうです。

今回は、そんな「14歳美少女誘拐事件」について
取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

14歳美少女誘拐事件の真相まとめ

 

 

「14歳美少女誘拐事件」とは?

今回、「土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ
世紀の誘拐事件&奇跡の生還SP」にて特集される
「14歳美少女誘拐事件」は、

2002年6月5日にユタ州のソルトレイクシティにある
住宅街にて起こった、当時14歳だった
エリザベス・スマートさんが誘拐された事件になります。

事件発覚したきっかけは、当時9歳だった
妹のマリーさんが両親にエリザベスさんが
部屋にいないことを知らせたことでした。

 

その後、両親はあわてて家の中を探したものの、
エリザベスさんの姿はなく、
網戸となっている窓が破られていることに
気が付きました。

 

 

その後、両親は警察に通報して
自宅の中に犯人が侵入したと思われる
経路などを探ってみたものの、
それらしき手掛かりは見つからず。

 

そのときにあった唯一の手掛かりというと、
妹のマリーさんの証言のみで

「いきなりドアが開き、犯人らしき人物が
侵入してきた」

「侵入してきた人物がエリザベスさんに
近づいてきて脅しをかけ、そのまま出て行った」

というものでした。


この証言によって犯行は計画的に
行われたものであり、関係者による
ものではないかと推察されました。

その後、テレビでも連日のように報道され
全米でも多くの注目を集めていました。

 

スポンサーリンク

 

 

犯人は身内の人物で、すぐに特定されるが・・・

 

その後、事件が発生してから3週間後、
自宅によく出入りしていた内装業者の
リチャード・リーシーという人物が
警察に連行されます。

リチャード氏は、スマート家に
よく出入りしていたことから
家の構造などをよく知っているうえに
子供たちのことも知っている人物として
警察からマークされていたのです。

ところが、その後もエリザベスさんが
発見されることはなく、それどころか
今度はエリザベスさんの女のいとこの家に
何者かが侵入するという事件が起こります。

幸い、これは未遂に終わったということでしたが
エリザベスさんを誘拐したときと手口が
似ているといわれていたことや、

疑いをかけられていたリチャードは
すでに留置所の中に入っていたため
犯行を行うことができなかったはず。

それでも警察はリチャード氏を疑い続けますが、
事件発覚後から2か月が経過しても
エリザベスさんが発見されることは
ありませんでした・・・

 

 

 

 

真犯人は別にいた!

 

ある日、両親と妹のマリーさんが
たまたまテレビを観ていた時に
「エリザベス誘拐事件」が報じられていました。

そのテレビ番組を観たときに、
報道されている犯人の声
「リチャードは犯人じゃない」と
マリーさんが発言します。

また、マリーさんは犯人の顔も見ていた
ということで再び警察に連絡をして
証言をもとに似顔絵を描いてもらうことに。

 

証言をもとにできた似顔絵を両親が見ると、
2001年に自宅の屋根の修理を手伝ってくれた
人物に似ているということがわかりました。

 

そこで、エリザベスさんの父親が
アメリカ国内で有名な捜査番組
※「アメリカズ・モスト・ウォンテッド」にて
似顔絵を紹介することに。

※番組がきっかけで累計1100人もの
逃亡者を逮捕することに成功している模様。

 

番組内で似顔絵を公開した後に
犯人の手掛かりをつかむことができ、
「ブライアン・ミッチェル」という
人物が特定されました。

 

 

 

特定されたブライアン・ミッチェルが真犯人だった!

 

ブライアン・ミッチェルは、幼少期に
父親から虐待を受けて育ち、
13歳からは薬やアルコールに手を染め、
16歳になると少女暴行の罪によって逮捕されています。

以降は、モルモン教という宗教に心酔していたり、
ほかの宗教に入信していたりしたそうですが、
いつしか行方不明となって消息を絶ってしまって
いたそうです。

 

そんなブライアンをテレビ番組や
似顔絵の情報をもとに警察が指名手配をします。

その後、事件発生して9か月が過ぎたときに
「アメリカズ・モスト・ウォンテッド」
を観た視聴者より不審な3人組がいると
通報が入ります。

 

通報をもとに警察がその場所に行くと、
白装束をした3人組がいました。

そのうちの若い女性に声をかけ、
エリザベス・スマートではないかと
問いかけるとエリザベス本人であることが
確認されます。

 

その後、警察はエリザベスさんを
連れていた男女を逮捕します。

 

そして、逮捕された人物は以前
エリザベスさんの家の屋根を修理していた
「ブライアン・ミッチェル」と
妻の「ワンダ」であることが判明しました。

 

 

なぜ誘拐事件を起こしたのか?

 

ブライアンは前述のように
アルコールや薬に手を出していたり
少女暴行の罪によって逮捕歴があります。

また、妻のワンダは人見知りの性格のため
結婚していてもそのことが原因で
依存症となって離婚しています。

 

そんなふたりが出会ったのは
カウンセリングがきっかけのようで、
その後ふたりは結婚して「モルモン教」
という宗教にのめりこみます。

 

 

そして、ブライアンはモルモン教の考えに
不満を抱くようになり、自分が
「神より遣わされた天使」であると言い始めます。

また、「14歳美少女誘拐事件」が起こる
数か月前には複数の妻をめとることが
できる立場であると悟り、
残り7人の女性と結婚するという
文章も書いていたそうです。

そんなこともあり、ブライアンは
残り7人の女性をめとるつもりだったのか、
事件を起こすことになりました。

 

 

 

14歳美少女事件の犯人の現在は?

逮捕されたブライアンと妻のワンダは、
責任能力の有無を巡り精神鑑定が
行われました。

結果、責任能力があると判断され、
2009年の裁判によって禁固15年の
判決が言い渡されています。

 

 

ブライアンは、2011年に終身判決を
言い渡されており、現在も
アリゾナ州ツーソンの刑務所に収監されて
いるとのことです。

 

 

 

エリザベス・スマートの現在は?

エリザベス・スマートさんは、
自身の事件の経験から公演を
行っていったり、

年少者による性犯罪の撲滅運動を
行っているそうです。

また、2012年にパリのモルモン教で
知り合ったスコットランド人の男性と
結婚しています。

現在は2児の母となり、
家族4人で幸せな家庭を築いています。