11月11日放送の「世界一受けたい授業」の
ゲストに筋トレで有名な松井薫先生が
出演します。

松井薫先生は、「5秒でできる腹筋」を
伝授していることで評判です。

また、2017年は4月1日、8月19日に続き
3回目の番組出演となります。

これまでは、太もも・お尻・二の腕の
脂肪を取り除くためのトレーニング法を
伝授してくれましたが、

11月11日放送分では「本当に痩せたい部分を
5秒で筋トレ」ということなので、
自由にカスタマイズできるということ
なんでしょうかね?!

今回な、そんな松井薫先生が
得意とする5秒腹筋について
取り上げていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

松井薫の5秒腹筋とは?@世界一受けたい授業

 

まずは、松井薫先生が「世界一受けたい授業」に
出演した際の内容から振り返っていきたいと
思います。

 

4月1日放送分の「世界一受けたい授業」

松井薫先生が4月1日放送回のときに
教えてくれた方法を下記に
まとめていきます。

 

松井薫先生のエクササイズ

①両手に拳をつくり、頭の後ろに
持っていく。

②首の後ろに両手小指を当てて
固定する

③ひじは耳よりも上の位置に
持っていく

④片足を一歩前に出して、
かかとに力を入れる

⑤鼻から息を吸いこみ、
お腹を引っ込ませる

⑥口から息を出して
お腹をひっこめる

⑦⑥の状態を維持させる

⑧⑦の後に鼻から息を吸い込んで
元の位置にもどす。

⑨①~⑧までの流れを一日に
10回行い、(10回をワンセットとして)
3セット行うこと

 

また、このエクササイズのポイントは。
お腹に空き缶を思いお浮かべて縦に
つぶすことをイメージすると良いとのこと。

スポンサーリンク

 

わき腹に効果的な5秒腹筋の方法

上記のお腹をひっこめるための
エクササイズと基本は同じですが、

ぞうきんを絞る時と同様に
左斜め前と右斜め前に曲げることが
ポイントのようです。

 

 

 

ポッコリお腹をひっこめる方法

①うつ伏せの状態で両肘を床につけて
上体を起こすようにする

②左右の手で丸を作って額に当てる

③手と肘とつま先を支柱にしてゆっくり
前に進み、アーチをつくる。

④力を入れた状態で③の状態を
キープさせる。

⑤床につかない程度に
お腹を下に下げる。

⑥①~⑤の流れを10回、
3セット実践する。

イメージとしては崖と崖の間に
橋を架けるような感じで行うこと。

 

腰回りの贅肉を取る方法

①姿勢を正し、椅子に座る

②両手を膝の上に置いて
左ひざを机を押し上げるように
上に上げる。

③②と同時に両手で机を下に
押し下げるようにして、
この状態を5秒キープさせる。

④③が終わったら右膝で行う。

⑤①~④を左右10回ずつ繰り返すこと

 

※松井薫先生の腹やせダイエットについて、
書籍も販売されているようですね。

 

 

8月19時放送分の「世界一受けたい授業」

 

このときのテーマは、
「夏太りを解消!太もも・二の腕・お尻を5秒でトレーニング」
というものでした。

 

では、太もも、二の腕、お尻の関する
5秒トレーニングをみていきましょう!

 

 

太ももの5秒トレーニング

①椅子に浅めに座り、
少しずつ後ろに姿勢を傾ける

②手で座る部分を持ちながら
右足を真っすぐ前に出す

③足の指でグーの状態を作り、
真っすぐ伸ばしたまま
外側に傾ける。

④③の状態を5秒間維持させる

 

※イメージとしては、
足の裏で雑巾を絞るように
行うと良いそうです。

 

お尻の5秒トレーニング

①椅子の背につかまりながら立ち、
膝を曲げて右足を少し上げる

②ゆっくりと足を後ろに伸ばし、
外側にひねるようにする。

③②の状態を5秒間維持する

④元に戻す

 

※足の後ろにある段ボールを
動かすようなイメージで取り組むと
良いみたいですね。

 

 

二の腕

①両手を後ろにして
左手で右手首を掴む

②右手を伸ばしつつ外に
ひねるようにして5秒間キープ

 

※グレープフルーツを
器具を使って絞るようなイメージで
取り組むと良いみたいですね。

 

 

 

松井薫 その他トレーニング法まとめ

松井薫先生には、上記以外にも
4つのトレーニング法があります。

そのトレーニング法とは、

①松井薫式腹筋、腕立て伏せ
②肩甲骨エクササイズ
③くびれポージング
④立ったまま5秒腹筋

 

といったものになります。
では見ていきましょう。

 

 

 ①松井薫式腹筋、腕立て伏せ

 

①床に仰向けに寝て手を握る

②両手を頭の後ろに回して
手の甲を合わせる

③足をいすなどに乗せながら
90度をキープさせる。

④目線は膝の延長線上にして
息を「フー フー」と吐く。

⑤息を吸いながらもとにもどす。

 

①腕立て伏せ

①腕立て伏せの状態で
手のひらを内側にする。

②お尻の位置はそのままで、
肘を外に出して90度曲げる

③②の状態をキープさせる

 

 

②肩甲骨エクササイズ

肩から背中までの筋肉をほぐすための
エクササイズで、水の入った500mlの
ペットボトルが必要になります。

①足を肩幅に開き、肘を身体から
離さないようにして90度
前方に曲げる

②両手でペットボトルの底面を
合わせて、肘を身体から離さないようにして
ペットボトルを後方に持っていく。

③②の後で再びペットボトルを
前方に持っていき、底面を合わせる。

④①~③を10回くりかえす。

 

動画もありますので、
下のリンクからご覧ください。

肩甲骨エクササイズ動画

 

③くびれポージング

①鏡の前に横向きで立ち、
鏡のほうの足をつま先で立つ。

②太ももをつけるようにして、
鏡のほうを向いている腰骨を
開かずに上半身のみ鏡に向ける

③鏡側の手を使い、腰を動かないように
押さえる。

④鏡側の反対の手を使い、
鏡のほうのわき腹をさわる。

⑤鏡側のほうの腰を上に引き上げて
鏡側の上半身を倒し、わき腹をつぶす。

⑥①~⑤までの流れを右、左と
10回ずつ行う。

目安は3セット。

くびれポージングの動画もありますので、
下のリンクからよろしければご覧ください。

くびれポージング動画

 

 

④立ったまま5秒腹筋

①立ったままの状態で両方の肘を
頭の上にあげる。

②肘を高く上げて両手の甲を
頭の後ろで合わせる

③片足を一歩前進させながら
出すようにする。

④息を吐いて、5秒かけながら
上半身を倒していく

⑤息を吸いつつ元の状態に
戻していく。

この立ちながら5秒腹筋についても
動画がありますので
よろしければご覧ください。

立ちながら5秒腹筋の動画

 

ちなみに、立ったまま5秒腹筋については
書籍も販売されているようですね。

 

 

お腹の前に缶ジュースの缶を連想させながら、
それをつぶすように上半身を曲げると
良いみたいですね。

 

 

 

終わりに

 

上記でご案内したエクササイズ法は、
自宅でも外出先でも手軽にできる
ものだと思います。

特に会社員の方は時間的な拘束もあって
スポーツジムに通えない方も
おられるかもしれませんが、

場所や時間を気にしなくても
よさそうなこれらのエクササイズを
実践することでたるんだお腹などを
引き締めることができそうですね!