ついに2017年6月より、ビールの値上げ
はじまります・・・

これからの季節、ビールが美味しくなる時期では
ありますが、同じようにハガキ、バター、
電気料金などの値上げなどもあって
残念な感じですね~

もしかすると、値上げ前にビールのまとめ買いを
する方もいそうですよね。

そこで今回は、
そんなビールの値上げが決まった理由
値上げする金額とはいくらなのかについて
取り上げていきたいと思います!

 

ビール値上げ 2017年6月より!その理由とは?

まず、ビールの値上げが2017年6月より
実施される理由ですが、

2016年5月に「酒税法」「酒類業組合法」
という法律が改正されました。
それによって安い値段で販売することが
できなくなってしまったことが原因です。

 

これまではメーカー側がスーパーなどの
小売店に対して「リベート」といった
販売奨励金を支払う事で、
安値で販売することができていたのですが、

 

 

「酒税法」と「酒類業組合法」の改正を見越して
メーカー側がリベートの条件を厳しくしたために
これまでのように安い値段での販売ができなくなり、
店に並ぶ時の金額が少しずつ上がってきていると
いうことです。

 

また、この新しい基準を違反した場合には
お酒の販売免許も取り消されるという
ペナルティもあるようなので、
販売側としては強制的に値上げを
受け入れなければならないということになります。

 

このことによって打撃を受けるのは、
ドラッグストア、スーパーマーケット、
ディスカウントストアなどといった
安値で販売していた店舗だと思われます。

 

では、2017年6月よりビールが値上げすることによって、
好機となるところはあるのでしょうか?
次の見出しで取り上げていきます!

 

 

※6月1日より値上げするものに関して
別の記事でも取り上げていますので、
よろしければご覧ください。

52円はがき 62円に交換できる?値上げ時の出し方や手数料は?

郵便はがき 値上げはいつから?

バター 値上げは2017年のいつから?理由や値上げ幅は?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ビールの値上げによってチャンスとなるところとは?

 

その反面、基本的に定価で販売していた
コンビニでは、
(値上げ額にもよりますが、
値上げ後の金額とコンビニでの
店頭の金額とに差が亡くなった場合には)
もしかすると追い風になる
可能性もありそうです。

 

また、コンビニもスーパーも、
独自の自社製品(プライベートブランド)
を持っているので、通常のメーカー製品と比べると
安値で購入できるので、

 

今後はプライベートブランドに追い風が
来るかもしれませんし、食品などでも
コンビニやスーパーと提携して
プライベートブランドの製品を
開発していたりのするでしょうから、

 

 

メーカー側の打開策として
コンビニ、スーパー、量販店
などと新たに提携を結ぶことも
考えられますね。

 

 

では、肝心の値上げについてですが、
おおよそいくらほどになるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

ビールが2017年6月から値上げする金額とはいくら?

例えばこれまで1000円で販売されていたものが、
1200円ほどになる見通しとのこと。

また、350ml缶あたりの税額は、
ビール 77円
発泡酒 47円
新ジャンル 28円となっています。

これらの税額について、2020年からは
ビールを減税していき、
発泡酒と新ジャンルを増税していくとのこと。

2026年にはすべての税率を54.25円に
一本化するとのことなので、
長い目で見ればビール好きの方にとっては
嬉しくなる情報ではないでしょうか?
一方で「第3のビール」や発泡酒ファンの方にとっては
痛い出費になりそうです。

個人的には第3のビールのほうが
身体にはよさそう?!なので
ちょっと残念ですが・・・

 

さいごに

日本はビール類にかかる税金が高くて
海外と比べると高値になるようです。

また、酒税による徴収は1兆3600億円あるとのことで、
現在財政が厳しいとされる状況下においては
貴重な財源となるようです。

 

最終的には今後明らかになっていくと
思われるので、様子をみていきたいところですね。

 

 

※6月1日より値上げするものに関して
別の記事でも取り上げていますので、
よろしければご覧ください。

52円はがき 62円に交換できる?値上げ時の出し方や手数料は?

郵便はがき 値上げはいつから?

バター 値上げは2017年のいつから?理由や値上げ幅は?