【速報です】

北朝鮮と米国との戦争が間近に迫っており、
ミサイル発射のXデイも間もなくと言われる中で
北朝鮮がミサイル発射し、北海道を通過したと
いう報道が流れてきました。

そうなってくると、日本にミサイルが
墜落する可能性も考えられますが、

以前日本に墜落する可能性を考えた場合は
東京、神奈川、沖縄、青森三沢、京都、大阪、福井県
が危険エリアになるのではないかと
噂されていました。

そこで今回は、北朝鮮が発射した場合に
日本のどこに落ちるのか、その可能性に
ついてや、ミサイルが墜落した場合の
対策について取り上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

北朝鮮が9月15日にミサイルを発射⇒実験か?!

 

Xデイが迫ってくる中での北朝鮮による
ミサイル発射が現実味を帯びてきています。

米国からの空爆攻撃を受けている北朝鮮からは
その報復としてミサイル発射するというのは
以前から言われていることです。

しかし、現在の北朝鮮には米国まで届く
ようなミサイル(大陸間弾道ミサイルICBM)は
まだ開発されていないため、
日本や韓国にある米国基地を狙うと
発言をしています。

 

今回の北朝鮮の核実験(だと思いますが)は、
9月9日の建国記念日(もう過ぎましたが)に
合わせて行われたものと言われており、

8月29日に発射されたミサイルに対しての
米国の攻撃に対して応戦してくる可能性も
否定できません。

いずれにしても、日本が被害を被る可能性は
否定できませんので、予め被害に備えて
行動することも視野に入れておくことが
望ましいと言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

北朝鮮のミサイル発射により、日本に墜落する場所や可能性は?

北朝鮮が米国に対する報復として
発射するであろうミサイルは、
ノドンではないかと言われています。このノドンというミサイルは、
射程距離が1300kmと言われているので
日本は射程距離圏内だからです。

そうなってくると、日本のどこに
墜落するのかは読めなくなってきますが、
金正恩第一書記が以前に発表した
日本の米軍基地を狙う可能性が高いのでは
ないかと思われます。

※東京、神奈川、沖縄、青森三沢、
山口、京都、大阪、福井県

上記の地域は米軍基地や原発がある
件となっており、これらのエリアが
狙われる可能性が高いと言われています。

しかし、一方で北朝鮮のミサイルは
精度が高いわけではないそうなので、
いざ発射された場合にはどこに落ちるのかは
全く読めないのが現状ですw

北朝鮮のミサイル発射⇒日本に墜落した場合、我々にできることは?

 

北朝鮮のミサイル発射は、2017年10月あたりまで
継続されることが高いと言われているようです。

上にも書いているように、
ミサイルが発射された場合には
日本のどこに墜落するのかは読めない
ところですが、

やはり上記に記載した米軍基地や
原発のある都道府県になる可能性は
高いと思われます。
(ミサイルの精度は高くないとされているので
確実とは言い切れませんが)

もし、北朝鮮によってミサイルが
発射された場合は、約7分で到達する
と言われているので、

Jアラート(全国瞬時警報システム:国民保護サイレン)
がなった際には頑丈な建物の中に入り、
被ばくを避けるように行動していきましょう!

この際、木造の家屋では吹っ飛んでしまう
可能性が高いので、鉄筋のマンションや
ビルなどに逃げ込むことをお勧めします。

Jアラートがなってから行動となっても
わずか数分しか猶予はありませんが、
ラジオやスマホでこまめに緊急情報を
確認されることをおすすめします。

また、非常時に備え、防災グッズは
準備して最悪の事態も想定しながら
行動していくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク