北朝鮮がグアムにミサイル発射の計画を発表したことにより、
日本ではそのミサイルのルートについて懸念されています。

仮に本当に北朝鮮がグアムにミサイルを発射した場合、
日本を通過することになって、最悪の場合は日本にも
ミサイルが落ちる可能性だって否定できません。

北朝鮮がグアムにミサイル発射の計画を発表したことにより、
日本ではそのミサイルのルートについて懸念されています。

仮に本当に北朝鮮がグアムにミサイルを発射した場合、
日本を通過することになって、最悪の場合は日本にも
ミサイルが落ちる可能性だって否定できません。

また、レアなケースであると言われてはいるものの、
核兵器が使われることも想定しなければ
なりません。

日本政府は、北朝鮮がグアムに対して
ミサイルを発射した場合の防衛策として
島根県の出雲、広島県の海田市、愛媛県の松山、
高知県の高知駐屯地に「PAC3(地上配備型迎撃ミサイル)を
配備しています。

今回はこの問題に関して取り扱っていきたいと
思います。

スポンサーリンク

北朝鮮のミサイル攻撃のルートには日本が含まれている

2017年8月9日に北朝鮮の軍司令官が
「近日中にアメリカ領グアム沖に中距離弾道ミサイル
「火星12」を4発同時発射を敢行する」
といった計画を発表したことで、

北朝鮮によるグアム攻撃のルートに
位置する日本へのミサイル落下が危惧されています。

米国と北朝鮮の緊張状態が続くなかで、
トランプ大統領と金正恩の言い合いが
激化しているのが気がかりですし、
日本人の立場からすると、
上空に危険なミサイルが発射されていたらと思うと
気が気ではありません。

北朝鮮ミサイルによるグアム攻撃で
予測されているルートでは、
島根・広島・愛媛・高知辺りが
危険であるとのことです。

ミサイル発射台の場所によっては、
九州を通る可能性もあるそうですが、
日本政府が島根・広島・愛媛・高知の四県に
PAC3を配備させたところを考えると、
最初に想定されたルートがもっともミサイル通過の
可能性が高いのだと思われます。

また、北朝鮮グアムに向けて
本当にミサイルを発射した場合についてです。

スポンサーリンク

北朝鮮 グアムにミサイル攻撃をした場合の所要時間は?

北朝鮮からグアム沖まで約3,400kmの距離になります。
そこからミサイルの飛行している時間は
約18分間と言われています。

その北朝鮮から発射するとされるミサイルは
アメリカ軍が迎撃するものと言われています。

しかし、北朝鮮からグアムまでの間を1本の線で結ぶと、
日本の上空をミサイルが通過することは避けられなさそうです。
もしそうなった場合に日本の領空内に突入したミサイルを
日本が迎撃するのかどうかが問題になるようです。

例えば、北朝鮮のミサイル発射が失敗した場合は
ためらわず迎撃することができるでしょう。

一方で日本列島を通過するミサイルや、
そのミサイルにもし核が積まれているとしたら
どうでしょうか?

日本の上空を通過するミサイルの問題について、
現在、いろんなことが議論されていますが、
なぜ北朝鮮がグアムを迎撃しようとしているのでしょうか?

北朝鮮がグアムをミサイル攻撃しようと判断したいきさつとは?

今まで何度も北朝鮮による挑発行為がありましたが、
この度のグアム攻撃計画については
世界的にも注目を集めている模様です。

今回、北朝鮮によるグアム沖ミサイル発射計画が
発表されたのは、2017年7月に米軍が
グアムの空軍基地より戦略爆撃機を飛ばし、
朝鮮半島上空にて軍事訓練をしていたことによる
抗議的なものだと言われています。