ブラジルやフランスに続いて
ワールドカップ2018では
優勝候補と言われるベルギー代表。

日本時間では7月3日の深夜3時に
キックオフ予定となっています。

FIFAランキングでは3位、
そしてこれまでの予選を
全勝していることを考えると、

日本代表はなかなか
苦戦を強いることになりそうです。

そんな日本代表の対戦国である
ベルギー代表について

■特徴と課題
■注目選手
■最新のフォーメーション

といった情報を
取り上げていきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

ベルギー代表の特徴と課題

 

 

ベルギーの強み

ワールドカップヨーロッパ予選では
ドイツと並んで43得点を挙げるのみならず、
ロシア杯ワールドカップ行きを
一番乗りで決めています。

そんなベルギー代表の主力と
なっているメンバーが、
後ほどご紹介する

■エデン・アザール
■デ・ブライネ
■ロメル・ルカク
■ティボー・クルトワ

といった主力選手によって
タレント軍団と呼ばれ
優勝候補の一角とまで
言われています。

 

 

 

 

ベルギーの課題

しかしながら、「攻め」の部分では
強みを感じる一方で、

2014年度ワールドカップ
2016年度EURO
といった大会では
いづれも8強どまりという
結果に終わっています。

その要因は、主力選手に対する
依存度が高いことで
戦術的な柔軟性に乏しい
ところにあります。

つまりは、主力選手の
コンディションによって
チームの勝敗が左右されてしまう
ということです。

日本は過去に5回対戦しており、
2勝2分1敗という結果になっていて
多少なりともベルギー代表の
戦術について独自のデータを持っているはず。

日本代表としては主力選手のプレーを
阻止していくことが課題に
なりそうですが、

ベルギー代表も本気で優勝を
狙っていることを強く感じますので
コロンビアのように油断することはなく
万全のコンディションで試合に臨んでくるでしょう。

また、GKは長身を活かした
セービング力の高さを売りに
しているようですが、

守備陣(DF)のブラッシュアップを
していくことも優勝を狙っていくには
求められることだと言えるでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ベルギー代表 注目選手5選!

 

ここでは、ベルギー代表メンバーで
注目すべき選手について
取り上げていきます。

 

エデン・アザール

 

ポジションはMFで、チームの
主力メンバーでもあります。

高速のドリブルが武器となり
対戦チームのディフェンス陣を
打ち破る強さを持っています。

キャプテン翼でいうところの
日向小次郎にあたるような
気がします。

(強引なドリブルという点で)

 

また、仮に反則まがいのタックルを
受けたとしても心が折れないところが
あり、そういったメンタル面の強さも
主力メンバーとしての尊厳を感じさせるところ。

 

 

 

デ・ブライネ

 

🏆

Kevin De Bruyneさん(@kevindebruyne)がシェアした投稿 –

奥さんが美人ですね(笑)
いや~表情してます(笑)

キックの精度は世界最高峰とまで
言わしめる男で、

ゲームメーク
アシスト
フィニッシュ

といったすべてに絡む選手であり、
2列目、3列目においても
活躍が期待されるチームの要です。

 

 

ロメル・ルカク

 

#fifaworldcup #ロメルルカク #鬼 #👹 #恐い #出来ればイングランドと #目指せ #ベスト8

五十嵐 将史さん(@igarashi.113)がシェアした投稿 –

チームの主砲と言われる人物で、
ワールドカップの予選では
チーム内で得点王に輝いています。

特徴は190センチの長身を生かした
パワフルなプレーで
対戦相手を威嚇し、圧倒する
「重戦車」的なスタイルです。

 

 

 

ティボークルトワ

 

Football is passion! ⚽️💙 #1 #redtogether

Thibaut Courtoisさん(@thibautcourtois)がシェアした投稿 –

199センチもの長身を活かし、
長い手足によるセービング力は
一級品ものであり、

スペイン代表のデ・ヘア選手と
プレミア最高のGKを争うほどの
実力者です。

 

 

ドリエス・メルテンス(イケメン枠)

 

ネットではベルギー代表屈指の
イケメン選手として?!注目されて
いるようです。

機敏な動きが特徴的で、
両足の正確な動きによる
シュートでゴールを射抜く
ところが武器です。

 

また、プレースタイルとは
関係ないですが、

嫁があけっぴろげな性格で大胆発言を
していることでも話題に
なっている模様。

詳しくは別記事で取り上げて
いますのでよろしければ
ご覧ください。

【ベルギー代表イケメン】メルテンス嫁の大胆発言を暴露!画像有

 

 

 

ベルギー代表 最新フォーメーションとスタメン予想

フォーメーションは
3-4-2-1を基本としています。

各メンバーの配置は
下の画像の様になります。
ここで最も注意すべき選手は
エデン・アザール選手で、
2試合の出場で10回もファウルを
受けています。

ファウルを与えてしまう場所が
悪ければピンチを迎えてしまう
恐れは高いと言えるでしょう。

 

 

2018-07-01_213547引用元 https://russia2018.yahoo.co.jp/game/score/2018070202/