5月27日より公開予定の映画
バイオハザード ヴェンデッタ

 

2008年にはバイオハザード・ディジェネレーション
2012年にはバイオハザード・ダムネーション
の2作が公開され、今回スタッフを一新して
制作されたことで話題になっています。

 

 

下の動画は最新予告のものになりますが、
登場人物の表情も背景もなにもかも
過去2作よりもよりリアルになっている感じがします。

 

動画再生後13秒あたりでクリスの
セリフが意味深ですが、

これがバイオハザード7では
BSSAではなくアンブレラの一員と
なったことと関係しているのでしょうか?

引用元 シネマトゥデイ youtubeチャンネル

 

 
当然過去作の
バイオハザード・ディジェネレーション⇒
バイオハザード4の後

バイオハザード・ダムネーション
⇒バイオハザード5と6の間

というふうにゲームとも
リンクしているため、今回の
バイオハザード・ヴェンデッタも
当然ゲームとリンクしているはずですが、

今回はそんなバイオハザード・ヴェンデッタの
時系列や時間軸、そしてあらすじについて
まとめてみました!

 

スポンサーリンク

バイオハザード・ヴェンデッタ 時系列と時間軸について

※時代はゲームの舞台に関するものとなります。
(こちらに記載しているものはゲーム本編のみです)

① 1998年 バイオハザード0

② 1998年 バイオハザード1

③ 1998年 バイオハザード2、3

④ 1998年 バイオハザード・コードヴェロニカ

⑤ 2004年 バイオハザード4

⑥ 2005年 バイオハザード:ディジェネレーション、
バイオハザード リベレーションズ

⑦ 2009年 バイオハザード5

⑧ 2010~2012年 バイオハザード ダムネーション
バイオハザード レベレーションズ2

⑨ 2013年 バイオハザード6

⑩ 2014~2015年頃 バイオハザード ヴェンデッタ

⑪ 2016~2017年頃 バイオハザード7

 

 

ということで、時間軸的には
バイオハザード6と7の間になると思われます。

スポンサーリンク

 

バイオハザード6では共演こそあれど、
直接的なタッグは無かったので、
クリスとレオンのコンビは見どころでは
ないでしょうか?

 

また、女性主人公として
レベッカ・チェンバースが
登場しているという事で、

バイオハザード0登場時よりも
大人っぽくなっているようですね。

 

レベッカも初登場時から
少なくとも17~18年ほど
経過しているわけですから
30代半ばから後半くらいには
なりますもんね。

 

また、レオンが登場するという事で、
レオンと言えばエイダは登場するのか
どうか、というところも楽しみであります。

バイオハザード ヴェンデッタ あらすじ

今回のバイオハザード ヴェンデッタで
使用されるウイルスは、
予告編を見る限りではやっぱり
T-ウイルスなのかな~という感じがしますね。

予告編に出てくるBOWは
きっとグレン・アリアスが
ウイルス投入したあとの姿だと
思われますが、

6に登場したC-ウイルスでは
なさそうですね。

 

あらすじ

クリス・レッドフィールドは対バイオテロ組織の
「BSAA」(バイオテロ対策部隊員)。

武器密売組織の拠点である謎の洋館へ突入し、
国際指名手配犯となっていたグレン・アリアスと
対決したクリスでしたが、ある信じがたい光景を
目の当たりにしてしまいアリアスを取り逃がしてしまいました。

一方、現在、大学教授として「死者が甦り凶暴化する」
事件を調べていた、特殊部隊「S.T.A.R.S.」の元一員
レベッカ・チェンバース。

研究の末、「新型ウイルス」に対しての治療薬の開発に
成功しましたが、何者かの手によって研究所が
襲撃され生命の危機に陥ってしまいます。

この襲撃によりアメリカ大統領直轄組織「DSO」
へ向かったクリスは、新型ウイルスの事件を最も
よく知る人物レオン・S・ケネディと再会。

その後二人はアリアスの真の目的である
「バイオテロ」を阻止すべく、レベッカと
共にニューヨークへと向かいますが、
既にニューヨークには大規模感染が広がっていて……。

タイトルの『VENDETTA(ヴェンデッタ)』には
「復讐」という意味も込められています。

引用元 https://ciatr.jp/topics/266702