2018年4月4日に行われた
大相撲舞鶴場所にて
舞鶴市長の多々見良三氏が
土俵に上がった時に倒れました。

また、そのときに近くにいた女性が
介抱しようとしたものの、
土俵から降りるようにとアナウンスが
流れたことに対して物議を醸しています。

このことは、人命が懸かっているときに
古いしきたりや慣習にとらわれ過ぎてしまう
というとことに非現実的であることを
感じさせるためだからだと思います。

そもそも、なぜ土俵は女性禁制なのか
その理由について取り上げていきたいと
思います。

 

スポンサーリンク

 

土俵を女性禁止にする理由とは?女性差別ではないのか?

そもそも事の発端は、2018年4月4日に
催された大相撲舞鶴場所にて、
土俵の上で多々見良三市長が挨拶をしようとした
ときに倒れてしまいました。

 

人命にかかわる緊急事態だったため、
近くにいた複数の女性が土俵の上で
心臓マッサージなどを行っていました。

 

しかし、そんな緊急の事態であるにも
かかわらず、心臓マッサージをしている
適切な対応をしている女性に対して、

「土俵は女人禁制」であるといったことで
場内アナウンスが数回に渡って行われました。

この「土俵は女性禁止」というアナウンスは、
人の命が関わる緊急時にまで古い価値観に、
古い文化にとらわれ過ぎているのは
どうなんだという批判を呼び起こしました。

 

ちなみに、不幸中の幸いで
倒れた多々見良三市長は命に別状はなく
現在は入院して一か月療養ということに
なりました。

 

 

スポンサーリンク

 

「土俵は女性禁止」というのは差別じゃないのか?

 

土俵に女性を上がらせないという
ことについては、実はこれまでも
取り上げられているテーマだったようです。

2000年に太田房江大阪府知事の
「自分で土俵に上がって優勝した力士に
知事杯を手渡したい」という意向に対しても
「土俵に女性は上げられない」と
断っていました。

1978年には10歳の少女が勝利しつづけていたものの、
蔵前国技館の土俵に上がることができず、
決勝大会の出場をあきらめたこともありました。

1990年には内閣官房長官となった
森山議員が自ら土俵に上がって
内閣総理大臣杯を手渡すはずだったのですが、
このことも拒否されていました。

 

これらの事例のように、
古いしきたりを遵守しつづけることが
女性差別につながるということで
批判され続けていたわけです。

しかし、歌舞伎や宝塚歌劇団においても
同じような事例はあるわけなので、
「差別」という見方をしてしまうのは
非常にデリケートであり難しい問題のようです。

 

 

土俵を女性禁止にする本当の理由は神様が関係?

 

一件ばかげた話ではありますが、
土俵に女性を挙げることを禁止しているのは、
「神様がやきもちを焼く」ことが原因のようです。

 

相撲という競技は、もともとは農村にて
豊作を祝うための儀式として行われていました。

また、豊作の神様は女性ということだそうで、
そんな女性の神様を楽しませるために
力自慢の男たちが競い合うという出し物として
生まれた競技でした。

 

そうしたこともあり、
男たちが競い合う環境の中で
女性が土俵に上がるということは、
豊作の女性の神様がやきもちを焼いてしまう
ということで女性禁止ということに
なっていたそうです。

 

さいごに

僕個人としては、伝統を重んじることは
良いことだと思いますが、そのために
現実的な問題を無視してしまうといった
しょうもないことに発展してしまうのは
非常に残念だと思います。

相撲協会も、さすがに今回の事は
やり過ぎだと判断したのか
声明を発表したようですが、

さすがに人の命がかかっていて
人命救助をしようとした人を
無下にするという行為は残念だなと
思いますw