平昌オリンピック・スピードスケート
ショートトラック男子日本代表の
斎藤慧選手がドーピング疑惑を
報じられたことで話題になっています。

 

しかし、一方ではそのドーピングに関して
「盛られてしまったのではないか?」
という説もあるようです。

 

そこで今回は、そんな斎藤慧選手が
盛られたとされる薬物や
疑惑の真相について迫っていきたいと
思います!

 

スポンサーリンク

斎藤慧 ドーピングで陽性反応が出た「アセタゾラミド」とは?

2018年2月12日に平昌オリンピックの
スピードスケート・ショートトラック男子
日本代表にて斎藤慧選手がドーピング検査で
陽性反応が出ていたことが報じられて
話題になっています。

 

そのことで2月13日に会見を行い、
ドーピング陽性反応が出ていたことを発表。

そしてスポーツ仲裁裁判所からは
資格停止処分が出て選手村からも
出ています。

これが確実に違反行為ということで
みなされてしまうと冬季オリンピックの
日本選手の中では初の出来事となってしまいます。

 

ちなみに、斎藤慧選手がドーピング検査で
陽性反応を示した薬物とは「アセタゾラミド」
と言われるものと言われています。

ちなみに、このアセタゾラミドというのは、
緑内障・てんかん・高山病の予防等に
使われる物質で、利尿剤や隠蔽剤の部類に
当てはまると言われています。

そういった理由により他の物質の検出を
隠してしまう効果があるので
使用することが禁止されています。

 

また、日本では処方箋が
必要な医療用の医薬品として
販売されているようですが、

薬局やドラッグストアなどで
個人が手軽に購入できるものでは
ないようです。

 

スポンサーリンク

 

 斎藤慧ははめられたのか?!

 

斎藤慧選手は今回のドーピング陽性判定の
処分を受けたことによって、
処分そのものは受け入れたものの、
日本選手団を通して発表されたコメントでは
ドーピングをしていないと証言しているようです。

 

また、事前に専門家に相談していたり
ドーピングと判定されないように
注意をしていたとのこと。

加えて団体競技の控えとして
出場する機会も高いとはいえないため
ドーピングをするほどのことでもないと
思われます。

 

 

ですから、意図的に斎藤慧選手が
ドーピングをしていたと考えるのは
不自然ではないかと思われます。

 

よって、今回のドーピング騒動に関しては
第三者によって盛られたものではないかと
考えるのが自然なのかもしれません。

 

また、ドーピング疑惑について
反論をしていくとなると
現在オリンピックで試合に臨んでいる
仲間に迷惑がかかると判断し、

不本意ながらに暫定資格停止を
受け入れることにしたようです。

ネットを見ると、今回のドーピング疑惑には
韓国の陰謀説もあるようですが、
もしそうだとしたらかなり恐ろしいですね(苦笑)

 

さいごに

 

今回のドーピング疑惑については、
やっぱり陰謀説が濃厚の様な
気がしてきました。
(と信じたい)

 

無実が証明できて汚名返上
できると良いのですが・・・

スポンサーリンク