今日は晴れていて梅雨なんていうことを忘れてしまいそうな、
そんな気分でございますが、梅雨の時期なのに雨が降らないというのは
個人的には助かるけど、生活の事を考えると良いのか悪いのか・・・

 

という感じですが、気のせいなのか年々夏が熱くなってきている
気がします。そうなってくると怖いのが熱中症でございます。

 

本日は、新潟ハードオフスタジアムで
AKB48の総選挙があります。

まだちょっと先ですが、フジロックやサマソニなどといった
夏フェスもこれから目白押しじゃないすか。

ですからくれぐれも熱中症には
注意しないとぶっ倒れかねない季節になりました(‘Д’)

ということで、個人でできる熱中症対策として最適な
飲み物について考えてみました。

 

熱中症対策のできる飲み物について

そもそも、(僕もそうなんですが)熱中症対策には
水やお茶を飲めばいいや、なんて思っていたのですが、
実はのどの渇きがおさまることで水分補給ができたものと
錯覚してしまうようです。

 

 

そして、脱水症状が急速に進む危険もあるのだとか。

 

 

ということで、このような場合は塩分と水分のバランスが取れた
イオン飲料や経口補水液での水分補給が適切なんだとか。

 

また、上記の理由が望ましいとなると
スポーツ飲料はどうなのか?ということですが、
市販のものは塩分が少ない割に糖分が多く、
糖尿病や虫歯のリスクがあるのだとか。

 

僕も昔は清涼飲料水をよく飲んでいましたが、
テレビで糖尿病の元になるというニュースを観て以来、
お茶を飲むようにしていました。

 

ということで、前置きが長くなりましたが、
どんな飲み物が良いのかをまとめました。

 

ネット上では市販されている清涼飲料水でも
ちゃんとしたものを選べば大丈夫なうですが、
意外に麦茶も大丈夫なようです。

 

麦茶のなにがポイントなの?

麦茶には五大栄養素のひとつ、ミネラルが入っていて、
体内に籠った熱を放出する作用や、熱中症対策となる
血流対策効果もあるのだとか。

2016-06-18_134205

画像引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160614-00000007-pseven-bus_all&p=1

 
6月14に報道されているヤフーニュースによると、
20~69歳の男女合わせて1000人にアンケートを
取った結果、夏の飲み物で連想するものを麦茶と答えた人は、
全体の90.8%にものぼったのだとか。

 
ちなみに、ペットボトルの麦茶のナンバーワンは、
伊藤園の健康ミネラル麦茶なのだとか。
2015年には5740万ケースの売り上げを上げたとか。

2位はGREEN DA・KA・RA やさしい麦茶(サントリー)

3位は六条麦茶(アサヒ飲料)

という結果のようです。

また、ノンカフェインで子供にも安心という
メリットもあり、夏には売れる秘訣となっている模様。

ただひとつ麦茶にも弱点があって、
他のお茶と比べると抗菌作用が低いのだとか。
いちど蓋を開けてしまうと仮に冷蔵庫に入れたとしても
傷みやすいそうです。

ということで、これから暑さとの闘いの季節になってきますが、
適度に水分補給をして健康第一で過ごしていきましょう!

スポンサーリンク