ワールドカップ2018も
残すは決勝トーナメントとなりました。

6月28日のポーランド戦では
日本は0-1で試合には負けたものの、

セネガルもコロンビアに0-1で
敗退したこともあり、

日本の予選突破が決まって
決勝トーナメントに進むことと
なりました!

 

しかしながら日本勢は
ポーランド戦にて「パス回し」
と言われるようなある種逃げのような
戦法を取っていたために、
賛否両論の試合結果となっていました。

 

そして、そんな日本代表チームが
決勝トーナメントに進むことができた
決め手となるのは「フェアプレーポイント」
というものでした。

 

このフェアプレーポイントというものは
いったいどのようなものなのか?

そして、このフェアプレーポイントが
セネガルと同じだったらどうなのか?

 

ということについて
取り上げていきたいと思います。

 

 

 

フェアプレーポイントとは?

今回日本とセネガルとの
明暗を分けることになった
フェアプレーポイントとは、

選手に対して下される
イエローカードや
レッドカードの枚数によって
減点されるポイントの数となります。

 

ちなみに、ワールドカップにおいて
順位を決定する際の判断基準は
以下のようになります。

■全試合での勝ち点
■全試合での得失点差
■全試合での総得点
■当該チーム同士の対戦における勝ち点
■当該チーム同士の対戦における得失点差
■当該チーム同士の対戦における得点
■フェアプレーポイントの少ない順
■抽選

 

今回ご案内している
フェアプレーポイントとは、
順位を決定づける判断基準としては
低い位置づけにあるようですね。

 

また、このフェアプレーポイントによる
ポイント数のマイナス度合いは
以下のようになります。

■イエローカード1枚:-1点
■イエローカード2枚:-3点
■レッドカード:-4点
■イエローカードの後にレッドカード:-5点

 

ちなみに日本代表とポーランドの
フェアプレーポイントを比較
してみましょう。

■日本代表

イエローカード4枚で
-4点という結果になりました。

■セネガル

イエローカード5枚に加えて
2枚目のイエローカードを
1枚判定されているため
-8点という結果になっています。

 

このフェアプレーポイントについて
日本がセネガルよりも4ポイント
上回っていることが、

日本の決勝トーナメント
進出を決定づけた決め手
となったわけです。

 

ちなみに、日本は世界的にも
フェアプレーに対する評価は高く、
世界で24位というポジションにいますし、

19試合連続で退場者がいないといった
記録も樹立しています。

 

日本と比べるとセネガルのほうが
ちょっと強引なプレーが目立ったしまった
という結果に終わったんでしょうかね・・・

 

グループHの結果について

 

ワールドカップ2018での
グループHの結果は
以下の通りになっています。

コロンビア:勝ち点6
日本:勝ち点4
セネガル:勝ち点4
ポーランド:勝ち点3

ということで、コロンビアは
最初日本に負けたことで
一時はどうなることかと
思いましたが、

そこはさすがといった
ところでしょうか。

 

ポーランドとセネガルは残念ながら
敗退となってしまい、

ポーランドに限っては
FIFAランクが8位ということで
グループ内でも最も高い位置だったのですが
残念ながら敗退することとなってしまいました。

 

しかも、ワールドカップ初勝利が
最後の日本戦ということも・・・
(それでも勝利しないよりはましでしょうけど)

 

日本代表はポーランド戦で
パス回しをしたということで
批判もありましたが、

大切なのは「勝ち進む」ことであり、
決勝トーナメントで
おもいっきりぶつかっていけば
良いことなので

無駄にプレーを進めることで
体力の消耗や、マイナス点を
増やすことなくゲームを
進められたことは良かったのでは
ないかと思いますね。