日本人観光客が多いとされるグアムへの
ミサイル発射をチラつかせた北朝鮮。

アメリカとの開戦もささやかれるなか、
突然攻撃対象となって危惧されている
グアムですが、

丁度お盆の長期休暇を
利用して旅行を考えている人も
少なくはなかったと思うだけに
キャンセルせざるを得なかった人にとっては
非常に残念な結果となったことでしょう。

2017年4月にも米国と北朝鮮の緊張感が
高まっていただけに、その時に
危険区域となっていた韓国への渡航は
差し控えるといった雰囲気でした。

2017年8月以降もと同じ様に、グアム旅行を
中止したり、旅行先の候補から
外す可能性が高くなりそうですが、
その反面問題なさそうだと考えている人も
少ないとは言えません。

今回は、北朝鮮によるグアム攻撃がいつ頃になるのか?
そして今回の北朝鮮の影響によるグアム旅行の
危険性についても考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

北朝鮮のグアム攻撃はいつ?候補を予想してみた

北朝鮮がグアム攻撃を開始するという噂が
世間を騒がせていますが、そのXデイが
いつなのかということで色んな憶測が
出回っているようです。

第一に、なぜグアムが攻撃対象となっているのかに
ついて考えていきましょう。

グアムが攻撃対象となっている理由は、
2017年8月9日に北朝鮮の軍事司令官が
中距離弾道ミサイル4発をグアム沖約30km地点に
発射するという発表をしたためです。

アメリカ領にあるグアム島に対する
はっきりとした攻撃をするという趣旨の
発言は、これまでにも行われてきた
挑発的な行為とはちょっと異なるものとも
思われます。

グアムは日本人が訪れる観光地のなかでも
多いと言われるリゾートエリアです。
また、一方では「米軍基地」が存在する島としても
認知されています。

北部には空軍の拠点である「アンダーセン空軍基地」が
あり、北朝鮮の立場からすると最も近い米国として
攻撃対象となっています。

今まで曖昧な様子の中で行われてきた
北朝鮮のミサイル発射は、いずれも日本の
排他的水域への着弾にとどまっていました。

しかし今回はなんと北朝鮮より約3,400kmも距離のある
グアムに対するミサイル攻撃に関する声明を発表したことで、
トランプ政権の立場としては避けられないものと
なっています。

では、そんなグアムに向けた北朝鮮のミサイルは、
いつ打ち上げられると推定されているのでしょうか?

ミサイル発射の可能性が高いのが、
北朝鮮にとって特別な日であることが
まず予想されます。

そうすると、日程としては以下のものが
挙げられます。

8月15日(火)「祖国解放記念日」
8月25日(金)「先軍の日」

根拠としては北朝鮮のミサイル発射が
国の催事に合わせて実施されることが
多いということが過去の出来事から
予測しやすいものと思われます。
よって上記記念日の前後はうかうかしていられません。

また、9月に迎える金政権にとっては大切な日になるであろう
9月9日(土)「建国記念日」もまたミサイル発射の候補日に
なるものと思われます。

よって、また日本にとっては警戒が必要になってくる
時期がやってきますね。

その記念日に加えて軍事的な攻撃がしやすい時期としては
「新月」という月が最も隠れる日も当てはまるので
直近でいうと8月22日(火)がその新月にあたります。

前回、北海道近隣に着弾した北朝鮮のミサイル発射は
夜中に実施されたことを考えると、
新月の日の暗い夜は気が気ではないかもしれません。

ついでに申しますと9月の新月は9月20日(水)となります。

スポンサーリンク

グアム旅行はキャンセルしたほうが良いのか?

日本から飛行機で約4時間という場所にあるグアム。
海外旅行のなかでも人気は高いリゾート地であるため、
お盆休みをエンジョイするために旅行を楽しみにしていた方も
多いのではないでしょうか?

今回の北朝鮮のミサイル問題に伴い、やむを得ず旅行を
キャンセルしたり、旅行はするものの不安な気持ちを抱きながらの
旅行となったりで、とばっちり感は大きいことでしょう。

因みに、今回の問題に関して米領グアムの地元議員によると、
観光客が被害に巻き込まれる可能性は低いとのこと。

しかし、北朝鮮の米国に対する挑発行為が
激化しつつある実情を考えると、
万が一のこともあるだけに、
不安な方は早めにグアム旅行をキャンセルした方が
良いと思われます。

グアムは淡路島程の大きさのため、
何かがあった時に避難する場所がないのも
ありますが、現実問題として北朝鮮のミサイル発射の影響で
飛行機の運航に影響が及ぶ可能性もあり、
暫くの間日本に帰国できなくなることも考えられます。

そのような意味で、グアム旅行は危険であるとされており、
キャンセルするという選択肢もあるのですが、
その一方では日本も危険にさらされていることも
考えなければなりません。