いよいよ10月29日の土曜日に、
映画デスノート「Light up the NEW world」
公開されますね!

 

その前日には、金曜ロードショーで、
前作のデスノートの特別編集版である、
「デスノート 逆襲の天才」が放送されます。

 

そこで、今回はその
「デスノート 逆襲の天才」について、
ネタバレや感想、そしてあらすじを
まとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

※映画 デスノート
Light UP THE New WORLDに
ついて、別記事でも取り上げているので
宜しければご覧ください。

デスノート Light UP THE New WORLD ネタバレと感想 月は生きていた?

デスノート 逆襲の天才 あらすじ

このあらすじは、過去のデスノートの
前編後編を再構築して、プラス
デスノート の新作映画に繋がるストーリーとして
再編集されているものになります。

 

親が警察官で成績優秀な大学生の
夜神月(ヤガミライト)は、

ごくごく平凡で、リア充感満載の
学生生活を送っていました。

ところが、あるとき一冊の黒い表紙のノートと
出会うことで人生の歯車が狂いはじめます。

興味本位でノートに書いた名前の人物が、
突然心筋梗塞になって亡くなってしまったのです。

さすがに夜神月も人の子。
最初は戸惑いもあったけれど、

デスノートの魅力にどっぷり
浸かっていきます。

また、そのデスノートの持ち主である
死神のリュークとコンビ?!を組み、
次々と犯罪者を裁いていきます。

 

デスノートによって裁かれる
犯罪者に感謝して、人々は
「キラ」と呼び崇拝しはじめます。

スポンサーリンク

 

デスノートの使い方を検証する
過程の中で、自分の恋人まで
犠牲にするというゲスな展開も
あったりします・・・

 

一方で、そのデスノートによって
裁かれる人々の数に疑問を持った
警察が捜査に乗り始め、

 

犯人が日本の東京にいると
いうことを掴みます。

 

その情報を掴んだのが、
あの松山ケンイチさん演じる「L」です。

 

ここからLと夜神月との壮絶な
戦いが幕を開けます。

 

また、第2のキラを名乗る
アイドルのミサミサも登場し、
共犯者が誕生します。

しかし、ミサミサは月ほど
賢いわけではなく、月の足を
引っ張ることになります。

しかしミサミサにはレムという死神がついていて、
さすがの月でも太刀打ちできない状況に・・・

 

仕方なく月は表向きに
ミサミサと手を組むことに・・・

 

夜神月は、なんと父親の捜査に
協力すると言い、Lと接触を試みます。

Lは最初から夜神月がキラであると
確信していますが、

決定的な証拠を突き止めることが出来ず、
なかなか逮捕することが出来ません。

そして、夜神月は一時的にデスノートの
所有権を放棄して、

自分の代わりにキラとなりうる人物を
リュークに探すよう命じ、
第3のキラを誕生させます。
第3のキラとなったのは、
アナウンサーの高田という女性。

 

高田はキラとなって
裁きの限りを尽くします。

 

その一方で月とミサは警察に
監禁されるということで身の潔白を証明し、
シロだったということになります。

そして、一時的に第3のキラとなった
高田をデスノートで裁き、キラが復活します。

そして、月とLとの闘いは
再び幕を開けることになります。

Lも自分の命を懸けて戦うわけですが、
レムもLもワタリもデスノート及び月の
毒牙にかかってしまいます・・・

ところが死んだと思われていたLが、
実はいきていてデスノートを使い、
先に自分で死ぬ時期も決めていたので、

月にノートに名前を書かれても
生きていたわけです。

これにはさすがの月もびっくりしていた
ようで、たじろぎます。

追いつめられた月は、リュークに助けを求めるものの、
リュークにデスノートに名前を書かれて
最期を迎えます・・・

 

※夜神月に関しては、
別記事でも取り上げていますので
宜しければご覧ください。

デスノート 藤原竜也が復活!?真相を暴露!【ネタバレ注意】

 

 

デスノート 逆襲の天才 ネタバレ

このデスノート 逆襲の天才では、
あのデスノート Light up the NEW worldに
繋がるストーリーとして、

新たに再構築された話ですが、
新作の主人公にあたる三島創が
(実はこの男が前作にあたる夜神月的な
役柄だったりします)
ナレーションをして過去作を振り返る
といった流れになります。

 

更に言うと、物語の最後や、
CMで流れている夜神月の映像は、
あれは夜神月が生き返ったのではなく、

ダイバーテロリストの紫苑が
デジタル加工で作ったものになります。

 

これがその夜神月の再登場シーンですが、
これはあの紫苑が月になりきっているという
のがネタバレなんです!

 

引用元 オリコン youtubeチャンネル

 

 

デスノート 逆襲の天才 感想

やっぱり夜神月を演じた藤原竜也の演技が
凄いなと感じました!!
そしてゲスいのなんのって話です!

 

時の流れは早いもので、
もう10年ぶりの映画ですが、
全然古臭さを感じさせない内容でした。

 

また、前作で夜神月とLを演じた
藤原竜也さんと松山ケンイチさんが
イベントに登場したときのトークが、

これまた面白かったわけですが、
2人は特別ゲストとして
ちょい役での登場なのに、

ぶっちゃけ主演の東出昌大さん達を
喰ってしまうほどのインパクトがありました!

 

55秒あたりから始まる映画の裏話に爆笑です!

引用元 オリコン yotubeチャンネル

 

なんというか、夜神月は本当は真面目な青年なんだけど、
デスノートにはまってしまってからは悪に染まってしまった
被害者みたいなものでしょうか・・・

序盤の六法全書をゴミ箱に
投げ捨てるシーンは、
なんだか虚しさを感じさせられましたし、

ラストのリュークに名前を書かれたときの
シーンは、藤原竜也さんのゲスい
演技についつい目がいってしまいます。

 

新作「Light up the NEW world」では、
前作に登場したキャラも何名か登場するようですが、
どうやら全員デスノートの被害に遭ってしまうようです・・・

あの松田刑事もデスノートの毒牙に
はまってしまうようなので、
そのあたりにも注目したいところです!