「車いすの天才学者」として知られている
宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士が
死去したということを報じられています。

 

スティーブン・ホーキング博士の死因は
いったいどのようなものなのか、

そしてホーキング博士が亡くなったことによって
今後の宇宙物理学界はどうなるのかについて
取り上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

スティーブン・ホーキング博士のプロフィール

 

 

【生年月日】1942年1月8日
【出身地】イギリス オックスフォード
【死没】2018年3月14日(76歳没)
【居住】イギリス
【国籍】イギリス
【研究分野】
物理学
理論物理学
天体物理学
宇宙論
【研究機関】ケンブリッジ大学
【出身校】
オックスフォード大学(学部)
ケンブリッジ大学(大学院)
【主な業績】
ブラックホールの蒸発理論
特異点定理

引用元 wikipedia

 

1942年に夫婦共にオックスフォード大学を
卒業しているというエリートの家庭に
生まれます。

オックスフォード大学の大学院で
物理学や宇宙論を専攻していた
学生時代に、

「筋萎縮性側索硬化症」
という病気を発症したため
車いすでの生活を余儀なくされていました。

 

1960年代後半には量子力学や
一般相対性理論などを駆使して
ブラックホールの存在を証明しています。

1979年からは宇宙物理学者として
イギリスのケンブリッジ大学の
教壇に立っていました。

1983年には「無協会境界条件論」
といった宇宙の始まりを解明する
宇宙理論を提唱します。

 

1988年には「ホーキング、宇宙を語る」
という本を出版し、宇宙の起源や
ブラックホールの存在をわかりやすく
説明したことでベストセラーになっています。

 

スポンサーリンク

 

スティーブン ホーキング博士の死因とは?

 

訃報が流れてきて話題となっている
ホーキング博士の死因については
現時点では明かされていません。

もしかすると、「筋萎縮性測索硬化症」によって
著しく筋力が低下したことで
杯や心臓の筋力が低下してしまい
呼吸困難を患ってしまったことが
死因に繋がっているのかもしれません。

 

 

スティーブン ホーキング博士の葬儀は?

 

今のところホーキング博士の
葬儀についてもまだ明かされていません。

新たな情報が入り次第追記していきます。