11月10日放送の「ダウンタウンなう」の
はしご酒にてあのCHEMISTRYが
ゲスト出演して、

 

コンビの不仲説について言及するようですが、
ダウンタウンのコンビ間での
喧嘩の有無についても話が及ぶことに。

ダウンタウンというと、浜田さんの
ケンカ話は耳にしますし、
実際に生放送でも喧嘩することが
あったような気がします。

 

ちなみに、ダウンタウンは
ふたりで喧嘩したことは
あるのでしょうか?

今回はダウンタウンの二人の
喧嘩にまつわるエピソードや
浜田さんの喧嘩話などを
取り上げていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

ダウンタウンの二人は喧嘩したことある?!

 

浜田と松本の喧嘩が正月に・・・

 

ダウンタウンがまだ駆け出しだったころに
正月の劇場で浜田雅功さんと松本人志さんが
喧嘩したというエピソードがあったようです。

当時、劇場に二人のうちどちらかが
遅刻してしまい、そのことで
言い争いになります。

そして、意外なことに松本人志さんの
ほうから手を出したことで喧嘩に
なってしまいます・・・

その後周囲に止められていったんは
落ち着きますが、その後の舞台では
お互いを全く見ないような
ぎこちない漫才だったようですw

 

 

ダウンタウンのごっつええ感じで喧嘩ドッキリ!

 

ダウンタウンのふたりはバラエテイ番組
「ごっつええ感じ」の番組内で
浜田雅功さんと松本人志さんが
喧嘩をするというドッキリをしたことがあります。

そのドッキリの動画は下のリンクから
ご覧いただくことができます。

ごっつええ感じ 浜田松本の喧嘩ドッキリ

 

いくら演技とはいえ、特に浜田雅功さんは
キレたら怖いなあと感じさせるほどの
緊張感が漂ってますね・・・

動画の中で4分ちょっと過ぎのところで
周囲の関係者がビビりまくっているところを
見ると、してやったりという
感じだったんでしょうねw

 

また、今田耕司さんの4分20秒あたりの
セリフが全てを物語っているように
感じました。

 

スポンサーリンク

 

浜田雅功 27時間テレビでブチギレ!

2012年の27時間テレビの
大日本アカン警察SPで、

ピースの綾部さんが浜田さんに
メガホンで頭叩いてみろと言われて
突っ込みを入れた時に、

(ネタなのか本気なのかはわかりませんが)
ピースの綾部さんがフルボッコされていました。

浜田雅功がピース綾部をフルボッコ

このシーンは、生放送中だったので、
浜田雅功さんがピース綾部さんを
蹴りまくるシーンがお茶の間に
広がってしまったわけです・・・

ネット上ではヤラセではないかと
言われていますが、

綾部さんのスーツがボロボロに
なるほどにやられていたのを見ると、
個人的にはヤラセには見えないのですが
(苦笑)

 

ダウンタウンと客が喧嘩!

 

昔のダウンタウンはなんと客とも
喧嘩していたそうで、

特に浜田雅功さんは
ヤジに対してブチ切れて
舞台から降りて喧嘩したことが
あるそうです。

そして、観客に入場料を
返して追い払うようなことも
あったそうです・・・

 

そんなとき、相方の松本人志さんは
一人で漫談をやってしのいでいたとか
(笑)

なんだかその光景が
目に浮かぶなあ・・・

 

ダウンタウン 喧嘩によって解散の危機はなかったのか?

ダウンタウンのふたりは相方と
喧嘩したり、他の人たちとも
喧嘩になったりと色々あったようですが、
特に解散ということもないようです。

なんだかんだで35年も続いていますし、
今更というのもあるかもですね。

まあ、ずっと仕事で一緒というのも
あるでしょうし、
プライベートでの会話がさほど
なかったとしても不思議ではないかと。

そういえば、解散とは関係ない話ですが、
浜田雅功さんが1995年に小室哲哉さんに
プロデュースしてもらった
「H jungle with T」の
「WOW WAR TONIGHT~時には流せよムーブメント~」で、

松本人志さんが

「B U S A I K U H A M A D ※」

とつぶやいていましたが、
これはもう仲が良いというか
腐れ縁であることを物語っているような
気がします。

 

これはダウンタウンに限ったことでは
ないでしょうけど、

とんねるずだってウンナンだって
仕事の時以外は特別仲が良い
ということはないと思います。

さいごに

 

特に浜田雅功さんは武闘派というか、
けんかっ早いところがありましたが
現在は年も年ですから落ち着いた
かもしれませんね。

あんまりやんちゃすると奥さんの
小川菜摘さんにも怒られるでしょうしね
(笑)
松本人志さんはもともと喧嘩するような
キャラでもなさそうですし、
今後もボケまくりのキャラを
貫き通すんじゃないでしょうか。
ま、過激なのは年末の
「ガキの使いやあらへんで」
だけでも十分かなあとは
思います。
あんまりブチ切れするところを
見ると、こっちもハラハラして
しまうので(苦笑)