日馬富士関が貴ノ岩関に暴行を
したという問題で、責任を取り
現役を引退する意向を固めて、

11月29日の午後に記者会見を
開くとのこと。

ネット上での反応を見ていても
「真相が解明されていない」
「しっくりこない」
という声が多く上がっているようです。

そして、日馬富士関は引退後
モンゴルに帰るのか?
それとも力士からたとえば
プロレスラーなどに転向するのか?

 

また、会見は福岡県内で
行うそうですが、ライブ中継は
あるのでしょうか?

 

今回はそんな日馬富士関の
いろんな疑問について迫って
いきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

日馬富士 引退後はどうする?モンゴル帰国や他の職業に転職か?

 

今回日馬富士関が引退を発表しましたが、
自分の意志で決めたのか、

それとも上からのお達しが
あったのかは定かではありません。

今回の引退発表は、貴ノ岩関に対する
暴行事件の責任を取っての引退と
いうことになりますが、

日馬富士関が個人で決めたことではなく、
相撲協会などが絡んでの引退勧告があり、

本来であれば刑事事件に発展しかねない
ところを、相撲協会のイメージ低下に
なりかねないといったリスクを回避するための
ことだったのではないかと予想します。

 

それでも、円満に引退することが
できれば、退職金として
養老金というものが支給されます。

また、億単位の年寄株を取得することが
出来た場合は定年(65歳)までは
相撲協会に勤務することも出来て、
月給は100万円ほどだと言われています。

そして、相撲協会に入ることができれば、
財団法人日本相撲協会の職員ということで、

個人事業主としての扱いを受ける
一般の力士とは異なって
定年退職の時には功労金が支給されて、
協会の引退後も厚生年金を受け取ることが
できるようです。

 

しかし、今回の場合は暴行事件の
責任を取っての引退という形なので、
相撲協会に入れるかどうかは微妙な
ところかもしれませんね。

 

ちなみに、相撲協会に入れなかった
力士の中にはちゃんこ鍋屋などの
飲食店で勤務する力士もいるようです。

また、レアなケースだとは思いますが、
プロレスラーなどの転向する力士も
過去にはいましたね。

 

しかし、これだけ世間を騒がせて
いるわけですから、相撲協会も
厳しい処分を下すような気がします。

日本に残って新たなスタートを
切ることはせず、朝青龍関のように
モンゴルに帰国するのではないかと
思いますが、それが無難な手段なのかなと
予想します。

スポンサーリンク

 

日馬富士 暴行事件の真相は闇のまま?貴ノ花親方や白鵬は何を語る?

 

今回の日馬富士関の暴行事件の真相は
未だ明かされていませんが、
このまま闇に葬られてしまうのでしょうか?

 

今後貴ノ花親方や白鵬は何か
語ってくれるのでしょうか?

 

ネットではいろいろな憶測が
飛び交っているようですが、
真相は全く異なるようです。

 

相撲の世界というと、厳しい体育会系の
世界であるでしょうから、今回の
日馬富士関の暴行については
厳しい処分が下されることでしょうし、

真相をうやむやにしたままでは、
相撲協会のみならず、相撲界全体の
イメージ低下につながるものだと
思うので、真相は明らかにすべきでは
ないかと思います。

 

白鵬は、今回の暴行事件に関して
言えることはすべて話したとのことなので、
もしかすると、会見の時にそれらのことが
多少は明かされるかもしれませんね。
また、日本の力士の感性と、
モンゴル力士の感性とでは
風習がことなることもあるようで、

日本の各部屋の親方からすると
面白くないところもあるでしょう。

実際に貴ノ花親方はモンゴル力士とは
関わらないように助言もしていたようです。
また、貴ノ花親方が今回の事件について
あまり口を開かないことに批判めいた
声も挙がっているようですが、
いろいろと考えがあってのことなのでしょう。

 

今回の暴行事件によって、
今後はモンゴル力士の採用も
見直しが入るかもしれませんね。

 

相撲界としては、日馬富士という
横綱を失うといった残念な結果に
おわることになりましたが、

今回の事を糧に同じことが起こらないように
しっかりと対策をしてほしいと
願うばかりです。

 

 

さいごに 日馬富士引退会見のライブ中継はあるのか?

 

11月29日に日馬富士の引退会見が
行われるようですが、
今のところはライブ中継に関する
アナウンスはありません。

しかし、14時から開始とのことなので
時間が間近になったらヤフーなどで
ライブ中継のアナウンスが流れる可能性は
ありそうですね。

 

今回の引退会見では真相が語られるのか
どうかについても注目していきたいところです。

スポンサーリンク