1月17日に放送された「良かれと思って」にて
古瀬絵理さんの元カレがテレビで結婚発表を
していたということを暴露したことが
話題になっていました。

一方で、その古瀬絵理さんの元カレ
とされる人物が、俳優Hという人物である
ということがわかり、劇団ひとりさんが「嫌い」と
発言していたことも記憶に新しいところ。

 

そこで今回は、そんな劇団ひとりさんが
「嫌い」と公言していた俳優について
取り上げていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

劇団ひとり プロフィール

 

 

 

【本名】川島 省吾(かわしま しょうご)
【ニックネーム】劇ピン
【生年月日】1977年2月2日(40歳)
【出身地】千葉県千葉市花見川区
【血液型】A型
【身長】175cm
【言語】日本語
【方言】関東弁
【出身】現事務所直入
【コンビ名】スープレックス(1994年 – 2000年)
【相方】秋永和彦(コンビ時代)
【芸風】コント
【事務所】太田プロダクション
【活動時期】1994年 –

【同期】
有吉弘行
ふかわりょうなど

【現在の代表番組】
ゴッドタン
中居正広のミになる図書館
幸せ!ボンビーガールなど

【過去の代表番組】
笑っていいとも!
リチャードホール
フェイク・オフ
熱血!平成教育学院
How to モンキーベイビー!など

【作品】
小説『陰日向に咲く』
小説・映画『青天の霹靂』

【他の活動】
有吉弘行、ビビる大木と共に、
日本のお笑い「リトル3」の一人と称される

【配偶者】 大沢あかね(2009年 – )

【親族】
川島育子(母・マナー講師)
川島ゆぞ(叔父・作家)
大沢啓二(義祖父)

引用元 wikipedia

 

スポンサーリンク

 

元々はコンビを組んでいたものの、
解散を機にピン芸人になりました。

 

そこで芸名を公募するものの
ろくなものがなかったために
自身で「劇団ひとり」と命名します。

 

また、「ひとり」や「ひとりさん」と
呼ばれることが多いですが、

タモリさんからは「劇団」、「ゲゲゾッゾ」
と呼ばれたり、くりぃむしちゅーや後輩のスピードワゴンからは
本名の「川島」「川島さん」と呼ばれています。

ちなみに、妻の大沢あかねさんからは
「しょうごタン」と呼ばれているとのこと。

 

ちなみに、両親は日本航空勤務の
パイロットと元客室乗務員とのことで、
母親はミス札幌に出演したことが
あるそうな。

また、大叔父は発明家で
カセットテープ再生機の
オートリバース機能を発明したとか。

そして、曽祖父に高知市長を歴任した
川島正件やがいたりと家柄は良いみたいです。

 

 

 

 

劇団ひとり「良かれと思って」で暴露した、嫌いな俳優Hとは?

 

1月17日放送の「良かれと思って」にて
古瀬絵理さんが暴露した元カレの
俳優について、

劇団ひとりさんも「おれも嫌い」と
公言していたわけですが、

その俳優Hとは、細川茂樹さんでは
ないかとネットでは噂になっています。

ちなみに、劇団ひとりさんは
テレビ番組で「家電芸人」として
細川茂樹さんとの共演歴があります。

 

どうやら細川茂樹さんは、
素行の悪さが目立つようで、
共演者やスタッフからの
評判も悪いようですね。

 

ちなみに古瀬絵理さんも
細川茂樹さんに対して
かなり激怒していた様子です。

 

もし本当に細川茂樹さんだとしたら、
2016年に所属事務所の契約を解除されたと
いうのも頷けるというか、

因果応報といった結果なのかも
しれませんね(苦笑)

 

 

それにしても、かなりきわどい感じですが
「攻めてるな~」という気がします。

スポンサーリンク