いちごが美味しい季節に
なりましたね!

いちごを1日あたり6~7粒ほど食べると、
カゼを予防できると言われるほど
栄養効果もあって、

加えて美味しいときているので
食べないというのは勿体ないかも!

ここでは、そんなおいしい
イチゴの中でも、
糖度が高くて「甘い」と言われるような
オススメの品種をご案内します。

 

【オススメ】美味しいいちごの品種一覧

あまおう

赤(あ)い、丸(ま)井、大(お)きい、う(う)まい
の4つの頭文字を取ってつけられた名前。

また、「福岡あまおう」とも
呼ばれているようです。

とよのかに次ぐ品種として、
2005年に品種登録され、

糖度が高いほど酸味との
兼ね合いも良く、
味も濃い目のようです。

 

果肉はかためのため日持ちも良く、
味も濃い目なので、
そのままかぶりつくのがおすすめです。

収穫時期は12月~5月で
旬は3月~4月になります。

 

とちおとめ

栃木県といえば大島優子?!
じゃなくてとちおとめです!

1996年に「女峰」に次ぐ
品種として登録されました。

日持ちが良く、果実がしっかり
しています。加えて糖度が高く
酸味が少ないのも特徴です。

また、鮮やかな赤色をしていて
ちょうどよいくらいの酸味、甘さ、
香の良さなので生で食べると
美味しくいただけます。

 

加えて程よい酸味や甘さ、
そして香りの良さが
スイーツの飾りとしても
ちょうどよい感じもします。

 

【収穫の時期】

1月~4月、6月~11月

紅ほっぺ

静岡県が発祥の「紅ほっぺ」は、
2002年に品種登録された
イチゴになります。

「紅ほっぺ」は、果皮や果肉が
奇麗な紅色です。

粒も大きくあざやかな紅色で、
糖度が12度~13度と
高いのが特徴です。

そして、甘さに加えて
程よい酸味があるため、
いちごならではのうま味を
味わうことができます。

また、香りも良く、鮮やかな紅色なので
色も濃すぎずというところも
ポイントかなと。

そして果肉も赤いので、
素敵な色の赤色のジャムを
つくることができます。

収穫時期は、3月と
5月~12月になります。

 

 

さちのか

2000年に品種登録され、
果皮は深い赤色で
つやがあります。

糖度が高く、香ばしさのあるイチゴで、
「幸の香」と表示される事もあります。

甘味と酸味の配分が良く、
円錐形でおっきいサイズです。

果肉は若干硬めで、
輸送等もしやすい品種です。

生で食べることが
良いかもしれませんが、

果肉も赤いので、
奇麗な赤色のジャムを
つくることができます。

濃い色で、香りがスィートな
ところが特徴です。

収穫時期

2月~3月、5月~12月

やよいひめ

群馬県生まれで、2005年に
品種登録された「やよいひめ」
明るい赤色で、日持ちが良く、
甘味が強く適度な酸味もあります。

「やよいひめ」は、果皮が
真っ赤にならなくても、
甘さが充分あります。

名前に「やよい」とつくように、
3月の弥生に時季に、
高い品質を維持できる品種です。

【収穫時期】
1月~5月

やよいひめ

群馬県発祥で、2005年に
品種登録されました。

明るめの赤色で、日持ちがいいもので、
あま味が強くてほどよい酸味も有ります。

「やよいひめ」は、果皮が
赤くならなくても、
甘味が十分に有ります。

名前が「やよい」というように
3月の弥生にシーズンに、
高品質を保持し続ける品種です。

【収穫時期】
1月~5月

越後姫

1996年に品種登録された
新潟発祥のいちごです。

果肉はソフトで香りが高く、
果汁がいっぱいです。
加えて甘味が強く、酸味は抑えめです。

「可憐でプルプルした
新潟のお姫様という様な苺」が
由来になってます。

越後姫は鮮やかな紅色が
特徴ですが、色が薄めでもヘタがピン!

と新鮮で、香りを強く感じれば
美味しく食べられます。

【収穫時期】
1月~6月

いちごの品種糖度の甘~いイチゴ

越後姫

1996年に品種登録された
新潟発祥のいちごです。

果肉はソフトで香りが高く、
果汁がいっぱいです。
加えて甘味が強く、酸味は抑えめです。

「可憐でみずみずしい
新潟のお姫様というような苺」が
由来となっています。

越後姫はあざやかな紅色が
特殊的ですが、

新鮮で、香りを強く感じれば
おいしく味わうことができます。

【収穫時期】
1月~6月

ももいちご(あかねっ娘)⑦

1994年に品種登録された
徳島県のイチゴです。

他県で生産されたものは、
「あかねっ娘」と表記されます。

「ももいちご」は、桃の様に
丸くて果汁が豊富なので
そのように名付けられました。

加えて香りが高く、
味わいの深い甘みが特徴的です。

収穫時期は12月より。

ももいちごは春になったら
「愛いちご」の名前で出回ります。

気温が上向きになると、
品質がいくらか変わる為、
春は「愛いちご」で
流通するようです。

果皮は鮮やかな紅色ですが、
少し色が薄めでも、
トータルすると紅色で香りが
良かったら食べ頃です。

果皮がやわらかいので、
取扱いには気をつけましょう!

章姫は、日持ちが良くない為、
その日のうちに食べましょう。

収穫時期は5月~12月

淡雪

淡雪は、鹿児島県志布志の
山下さんにより、
育てられた白いちごの品種です。

また、2013年に品種登録されています。

白いちごは、初恋の香りのように
注目を集めている品種です。

「淡雪」の果実は縦長の円錐形で
大き目です。

果皮の色は、うすい桜色で、
適度な硬さがあり、
酸味は少な目で甘いイチゴです。

初恋の香り

「初恋の香り」は、山梨県が発祥で
2009年に品種登録されました。

登録品名は「和田初こい」。
「初恋の香り」は、
三好アグリテックのブランド商標です。

白いちごの先駆けとなり
人気の品種、形は縦長の円錐形で、
果皮の色は、淡い紅色で光沢があります。

【収穫時期】 3月~11月

2011年に品種登録。

淡い桃のような色で、
香りが高く桃と同じ様な
あまい芳醇な香りと
ココナッツといった様な
香りが特徴的です。

果皮の色は淡い桃色で、
そうか(つぶつぶ)のくぼみが
深々と、ほぼほぼ丸い形をしています。

果皮は柔らかく果汁がいっぱいあって、
十分な甘味とほのかな酸味があります。

特徴のある品種でブランド化され、
「軽井沢貴婦人」「もものか」という名前で
販売もされています。

収穫時期 12月~8月

最期に

おいしそうなイチゴが沢山あって、
よりおいしい苺が食べられるように、
品種改良が行われています。

旬の時期も異なるので
長い期間で楽しむことが
できそうですね。

ぜひこれらのイチゴを食べ比べて
あなたにとってのNO.1を見つけてください!