ヒップホップグループ et-kingのメンバーである
イトキンさんがガンによって亡くなったことが
報じられました。

 

 

et-kingは、2014年にTENNさんが
亡くなっているのでメンバーを
二人も亡くしてしまうことになりました。

 

30代の若さでこの世を去らざるを
得ないというのは非常につらいことだと
思います。

 

今回は、そんなイトキンさんについて
取り上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

イトキン(et-king)のプロフィール

 

【生年月日】1979年3月3日
【出身地】兵庫県三田市
【死没】2018年1月31日(38歳没)
【学歴】兵庫県立有馬高等学校卒業
【ジャンル】J-POP
【職業】
MC
トラックメイカー
プロデューサー
【担当楽器】ボーカル
【活動期間】1999年 – 2017年

引用元 wikipedia

 

 

高校卒業後は専門学校に入学し、
「イトキン」の名前となる由来は、
専門学校時代に漫画「僕と一緒」の
登場人物である伊藤茂(通称イトキン)に
似ていることが由来しているとのこと。

 

1999年にET-KINGを結成し、
ET-KING結成以前はバンド活動も
行っていてギターを担当していたとのこと。

 

2005年にはメンバー7人で
共同生活をしていたとか。
(現在は別々に生活している模様)

 

ET-KING内ではリーダーとして
活動しており、中心的な立ち位置だったとか。

その他、グラフィティー、彫師、
格闘家といった経験もあったそうな。

 

2012年10月からはラジオの
メインパーソナリティーを
担当していました。

 

2017年8月3日に活動を休止していましたが、
2015年7月1日に活動を再開。

2017年8月3日以降に肺腺がんのため
治療に専念することを発表し、
2017年6月にはステージ4であることが
発見されたとか。

2018年1月31日に38歳の若さで
亡くなりました。

 

スポンサーリンク

 

イトキン(et-king)の死因は肺腺癌だった!

 

イトキンさんの死因は、肺腺癌で
治療の為に療養すると発表した
2017年8月の時点では既にステージ4
といった状態でした。

 

その肺腺癌を患った原因というのは、
タバコである可能性が高いそうな。

 

直接的な因果関係を証明できるものは
ありませんが、

ライブ中にファンに対して
タバコに対する注意喚起ともとれる
コメントを発していたそうなので、

自身の経験談を元にメッセージとして
発信していたのかもしれませんね。

 

 

 

さいごに

 

小林麻央さんといい、イトキンさんといい
若い世代の人が天寿を全うできないなかで
亡くなってしまうというのはなんだか
悲しいですね。

 

僕はタバコは吸わないのですが、
仕事で心の病気を患った過去があるので
いつ絶命してもおかしくなかったことが
ありました。

 

今は完治しましたが、病気というのは
恐ろしいものだなと改めて
感じさせられたものです。

スポンサーリンク