2018年4月2日放送の「名医のTHE太鼓判!」にて
「30秒で股関節が柔らかくなる方法」が
放送されます。

 

ちなみに「股関節のストレッチ」は
腰痛に対して効果的であるといわれています。

股関節というと、上半身すべての体重が
腰にかかっていて腰から足についているのが
股関節であります。

その股関節が硬いということであれば、
その周囲にある筋肉は固いものであると
言われています。

 

今回は、そんな股関節のストレッチ法について
簡単にできる方法を取り上げていきたいと
思います。

 

スポンサーリンク

 

 

簡単にできる股関節のストレッチ法とは?

ここでは股関節の簡単なストレッチ法を
ご案内してきます。

その方法は、壁にお尻をつけて
脚を広げることです。

引用元 男子美容ダイエット ユーチューブチャンネル

 

①腰を壁につけて開脚する
②膝を伸ばして腰を前傾させる
③お尻を床に密着させ、上半身を少し上に反らす
④③の状態を1分間キープさせる
⑤足をゆっくり閉じていく
⑥足を曲げて上下に動かす
⑦足を開脚する

 

という流れになります。
とても簡単にできる方法ですが、
無理をすると逆に腰や股関節を痛める
原因となりかねないため注意が必要です。

 

 

股関節を柔らかくすることでどんなメリットがある?

上の記述や動画のように、開脚をすることで
股関節が柔らかくなるということで
身体にも良い効果があるそうです。

アスリートでいうと、新体操の選手や
バレリーナ、フィギュアスケートの選手や
お相撲さん、柔道選手や空手家などが
股関節が硬いと言われています。

なぜアスリートの皆さんは
関節の動きがなめらかであるのかというと、

激しく過酷な運動に耐えることや
パフォーマンスの向上と
怪我の防止にもつながるからのようです。

そういえば、アスリートの人たちは
競技に入る前は開脚のストレッチ体操を
行っていましたが、

それは激しい運動にも耐えるためだったんだと
いうことだったんですね。

 

 

股関節とは?

 

股関節とは、脚と胴体がついている場所で
例えば歩く、しゃがむ、座るなどといった
関節の事で、身体の中では最も大きい関節にあたります。
また、最も大きな筋肉がついていることになります。

そして、股関節の筋肉が硬くなることによって
動きが悪化してしまい、身体に無理を
きたしてしまうことに。

 

それによって腰痛になってしまうこともあり、
それを解消させるには筋肉を柔らかくさせる
ことなんです。

 

 

 

腰痛がひどいときの対処法は?

 

腰痛になる原因とは、腰が上半身の
体重が乗っていて股関節によって
脚を動かしている箇所であるために
その腰のバランスを崩ししてしまうからのようです。

つまりは腰痛になるということは、
身体のバランスが崩れてしまうということのようです。

そんな腰痛にならないようには
日ごろから股関節のストレッチを
しておくことで改善できそうです。

それでも改善できないときは、
病院や整体に通うなどして
治療を受けることをお勧めします。