2016年11月11日(金)に、いよいよ紅の豚の
11回目のテレビ放送が始まります!

 

この映画の見どころといえば、
やっぱり名言やジーナの賭けが
どうなったのか?

というところじゃないでしょうか?

 

ということで、今回はそんな紅の豚の
名言についてや、

ジーナの賭けの結末について
どうなったのかを踏まえて、
まとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

紅の豚 ジーナの名言とは?

この紅の豚では、様々な名言が生まれましたが、
代表的なものは主人公であるポルコの

「飛ばねえ豚はただの豚だ」

というものですが、この映画の中で、
主人公であるポルコを引き立たせるのが
ジーナなんだと思っています。

そんなジーナの意味深な名言は、
以下になります。

 

①「ここではあなたのお国より、
人生がもうちょっと複雑なの。」

 

②「マルコ、今にローストポークに
なっちゃうから。あたし嫌よ、そんなお葬式。」

引用元 goo.gl/WuOsAH

 

①に関しては、愛する人を3回も
失った悲しみから生まれる深みのある
言葉で意味深だなと感じます。

 

②は、ユーモアたっぷりに
ポルコをいじっている感じがして
ほほえましくも思いますね。

 

そのほか、こんな名言もありました。

 

「マルコ。マルコ聞いてる?あなた
もう一人の女の子を不幸にする気なの?」

引用元 http://ciatr.jp/topics/58689

 

カーチスとの一騎打ちで、
ポルコに勝ってほしいために
発した言葉だと思いますが、

酸いも甘いも知った大人の
言葉には深みがありますね~

 

スポンサーリンク

 

ちなみに、他の登場人物の
名言については、

別の記事で取り上げていますので、
宜しければご覧ください。

紅の豚 登場人物の名言まとめ

 

さて、ジーナに関して、
もうひとつの醍醐味である
「賭け」についてはどうなったのでしょうか?

 

紅の豚 ジーナの賭けはどうなった?

468x265x26516c21868a65da75d41ca3

引用元 goo.gl/VTd4cI

 

結論から言うと、ポルコの飛行機は、
上記画像の印をつけたところに
あるものと考えられます。

ですから、ジーナの賭けは
勝ったことになるんじゃないでしょうか?

どうも劇中ではそのあたりを
さりげなく伝えている感じがするので、

いかにもハッピーエンド的な
終わり方にするよりも、

視聴者の方の想像におまかせする
といったスタンスが、ファンの方の
想像力をかきたてる結末となったのでは
ないでしょうか??

 

 

まとめ

 

■ジーナはポルコに対して思いを寄せていたけれど、
直接的なものではなく、また幼馴染だったためか、
ユーモアある発言で盛り上げてくれる。

■映画のラストで、ポルコは飛行機を
島に停めていることから、
直接的な描写はないものの、
ジーナと結ばれることになったのではないかと。

ポルコが豚になっても、普段のキャラが
渋すぎてあまりコミカルな感じがしませんし、
フィオが好きになるのもわからなくはないかなと。

この映画の続編が制作されることなんて
ないでしょうけど、もし仮に制作されるのであれば
観てみたいなと思ったりしますね・・・