3月18日の映画公開前から
「君の名は」や「ベイマックス」の
パクリ説があり、世間を賑わせている?!
「ひるね姫」ですが、

そのひるね姫の監督は
これまでどちらかというと
硬派なストーリーの作品を
手がけることで有名だったそうなので、

今回のひるね姫のような女の子が
主役の作品は異色作であるとも
言われているようです。

今回はそんな「ひるね姫」の
監督のこれまでについて
迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク

ひるね姫監督は過去にこんな作品に携わっていた!

ひるね姫の映画監督は
神山健治さんという方です。

主な代表作は

『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、
『東のエデン』など。

出身地は埼玉県秩父市で、
1966年3月20日日生まれの50歳。

 

スポンサーリンク

 

面で流れている事象とは別に
裏側にも流れている構造を持った演出や、
政治的なテーマをアニメに持ち込む手法を
得意としています。

 

また作品をつくるにあたって
スタッフと徹底的に討論するのが
信条であるとのこと。

 

本物志向の影響を受けた人物として
スティーヴン・キング、田中角栄をあげている。

影響を受けた小説家はJ・D・サリンジャーとしている。

アニメ監督を目指したきっかけは、
14歳の時に観た『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、

その後『機動戦士ガンダム』に出会い、
アニメなら同スケールの作品を
描けるのではないかと思ったとのこと。

 

また、神山監督がこれまでに
携わった作品は以下になります。

 

 

神山建治 監督作品

TVアニメシリーズ作品

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(2002年)
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man (2005年)
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG(2004年)
攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Individual Eleven (2006年)
精霊の守り人(2007年)
東のエデン(2009年)

 

 

映画作品

ミニパト(2002年)
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society(2006年)
真・女立喰師列伝 第3話 Dandelion 学食のマブ(2007年)
東のエデン 総集編 Air Communication(2009年)
東のエデン 劇場版I The King of Eden(2009年)
東のエデン 劇場版II Paradise Lost(2010年)
攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D(2011年)
Xi AVANT(2011年)
ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年公開予定)
CYBORG009 CALL OF JUSTICE(2016年公開 3部作)

 

Webアニメ作品

もうひとつの未来を。(2013年公開)監督・脚本

 

参加作品

シティーハンター(1987年)
AKIRA(1988年)
魔女の宅急便(1989年)
冒険!イクサー3(1990年)
老人Z(1991年)
BURN-UP(1991年)
走れメロス(1992年)
三毛猫ホームズの幽霊城主(1992年)
電影少女 -VIDEO GIRL AI-(1992年)
サイレントメビウス2(1992年)
THE八犬伝 新章(1993年)
ジェノサイバー 虚界の魔獣(1993年)
ポリスノーツ(1995年)
神秘の世界エルハザードOVA(1995年)
タトゥーン★マスター(1996年)
ワイルドアームズ トワイライトヴェノム(1999年)
BLOOD THE LAST VAMPIRE(2000年)
人狼 JIN-ROH(2000年)
メダロット(2000年)
メダロット魂(2000年)
ポポロクロイス物語II(2000年)
サモンナイト2(2001年)
ケータイ捜査官7(2008年)
009(2010年)
ハイキュー!!(2014年)

出典:wikipedia

 

 

ひるね姫に神山監督の味は出ているのか?

 

神山監督の作品というと、

「東のエデン」
「攻殻機動隊S.A.C.」

というような社会派アニメの
印象が強かったため、
大衆的には受け入れがたい要素も
あったように感じます。

 

ところが、今回はかつてのイメージを
払しょくするかの如く
女の子が、しかも高校生が主人公の
パッと見大衆受けしやすそうな
雰囲気になっています。

しかし、父親であるモモタローが
なぜか逮捕されたことに対して、

真相を究明するために
東京へ行き、現実世界と
夢の中の世界を交錯させながら
ストーリーを展開させていく

といった流れはこれまでの流れを
組むものがあるのかなと。

 

一見ポップな印象を受けるものの、
突き詰めていくと、ファンタジーの世界あり、
ロボットが登場する、謎解きの要素ありなどといった
見どころの要素はぶんだんにあるかなと。

ということで、公開が待ち遠しいですが
今しばらく待ちましょう!!