2017年12月31日放送の紅白歌合戦では
メンバーが急に倒れるなど
年の瀬のタイミングで世間を
騒がせてしまった欅坂46。

そのパフォーマンスで
過呼吸に至るほど疲れを
見せていたのか、

まさに「不協和音」を感じさせる
結果となった彼女たち。

そんな欅坂46は実は口パクなのでは
ないかと噂されています。

 

そこで今回は、そんな欅坂46の
口パク疑惑について取り上げていきたいと
思います。

 

スポンサーリンク

 

 

欅坂46の口パクは下手でヤバいのか?紅白、Mステ、FNSなど歌番組でやらぁした?!

 

アイドルが歌番組に出演の際は、
口パクや声のボリュームなどを調整することが
日常茶飯事のようです。

 

とはいっても、完全なる口パクではなく
マイクの音量を絞り込んだりして
事前にサウンドエンジニアに加工して貰った
音声を流すようにしているとか。

 

 

しかし、生放送の場合は
曲の長さの尺が変わることも
あるため、調整することが
難しい場合もあるとか。

 

 

スポンサーリンク

 

欅坂46がFNSやMステで口パクすらしなかった?!

 

欅坂46は以前より口パクを
噂されていましたが、
FNS歌謡祭やMステでは
口パクさえもなかったと言われています。

 

また、センターの平手友梨奈さんを観た
視聴者は、口パクさえしなかった彼女に
困惑していました。

平手友梨奈さんは、そのキャラが
関係しているのか、
病んでいるそぶりや下向きな様子だったり
口パクさえしないような様子でした。

 

そのため、センターの平手友梨奈さんが
口パクをしなかったために
欅坂46も口パクしないグループであると
誤解されてしまっているようです。

 

 

 

欅坂46 口パクの影響で生歌までも下手と言われる?!

 

FNS歌謡祭では口パクさえしないこと以外に、
どうぶつビスケッツとPPPとのコラボで
「ようこそジャパリパーク」を歌った時に
批判されているようですw

 

 

この曲を披露したときに、ネットでは
口パク疑惑以外にも生歌さえも
下手だと言われています。

 

そのため、けものどうぶつビスケッツ×PPP
ファンからは「下手糞すぎる」「いらない」
などと批判の対象となってしまったようです。

 

 

欅坂46は紅白でも口パクだった?!

 

12月31日放送の紅白歌合戦でも
欅坂46の口パクについて
注目されていました。

また、視聴者からの反応では
CDの音源がまるわかりだったとのこと。

この際、岡崎体育のように
開き直ってぶっちゃけてしまえば
面白くなりそうな気はしますが・・・

 

そのぶんダンスパフォーマンスを
頑張ったからなのか、
過呼吸で倒れるメンバーも
いましたね(苦笑)

 

 

 

さいごに

 

欅坂46だけが口パクを
するわけではないと思いますが、
自分たちで曲を作って演奏するような
アーティストではありません。

 

ですから、歌の良しあしを
披露するよりも、
メンバーのかわいらしさや
露出を増やすための一環という感じなのかも
しれませんね・・・

 

まあ、アイドルに歌唱力の
凄さを求めるというのも
ちょっと違うのかもしれませんw