いい話なのか悪い話なのかは
微妙なラインである「キッズウィーク」
という新たな大型連休の実施を2018年4月より
実施することを政府が検討しているそうな。

キッズウィークとは、小学生~中学生の
夏休みの一部(5日間)を他の月に移して
土日と合わせて9連休とすることを狙いと
しているもので、

それに伴って親も会社の休みを取れるように
政府が打診をしているとのこと。

それによって観光需要の分散化や
地域活性化を狙う事が目的とのことですが、
現実的には「いらない」という声も
目立っているとか・・・

 

今回はそんなキッズウィークについて
一般市民から挙がっている声や
政府の具体的な施策について取り上げて
いきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

キッズウィーク 2018年から実施のアナウンスに世間の反応は?

 

いよいよキッズウィークが2018年より
実施するという声が挙がっているようですが、
一方で独身の方やサービス業に勤務している方や
結婚していても子供がいない家庭からの
反対の声が目立つようですね。

 

 

引用元 goo.gl/hblvzP

 

 

引用元 goo.gl/hblvzP

 

 

 

引用元 goo.gl/hblvzP

 

 

 

引用元 goo.gl/hblvzP

 

 

引用元 goo.gl/hblvzP

 

 

 

こうしてみてみると、意外な事に
子供までもがキッズウィークの導入に
反対をしているようですね。

まあでも子供にとって夏休み最後の
5日間というのは宿題を一気に終わらせるための
リーサルウェポンだったりするので、
気持ちはわからなくないといったところでしょうか。

 

スポンサーリンク

そもそも子供がいない家庭や独身者にとっては
特に必要がないものと思われますが、

既婚者で子供のいる家庭のみがその恩恵を
受けられそうですが、それに伴う弊害も
目立ちそうですね(苦笑)

次の見出しでは、キッズウィークによって
考えられる弊害についてまとめていきたいと
思います。

 

 

 

キッズウィーク 独身者や子供がいない家庭やその他起こりうる弊害とは?

 

一見家族とのだんらんが増えて
ゆとりある暮らしができそうに見える
キッズウィークですが、

そもそも子供の為に休暇を取るとなると、
仕事の配分やそのために休暇を取る人の
仕事の穴埋めを独身者や子供がいない家庭の人が
しなければならないことになりますよね・・・

また、サービス業に従事している
人たちもあまりキッズウィークの
恩恵を受けることはできなさそうですね。

 

そして、更にはキッズウィークの
導入に伴ってサービス業の人は
もっと休みが取りにくくなることも
考えられますね・・・

 

 

国民にとってあまりにも不評である
このキッズウィークは、本当に
2018年から実施されるのか?
しばらく様子を見ていきたいですね。