お笑いのベテラン明石家さんまさんが
長い間司会をしていたTV番組 「さんまのまんま」が
2016年9月一杯で終ってしまうようです。

子どもだった頃から放送されていた番組なので、
なぜ今になって番組終了なの?
という感じもしなくはないですが・・・

長寿番組として、愛されていたであろう
番組なのに、どうして打ち切りになって
しまったのか??

そして最終回のゲストも気になりますね!

関西テレビで「31年6ヶ月」もの長期間
放送されていた番組 「さんまのまんま」が
とうとう終ってしまうようですが、

「さんまのまんま」は僕と同世代?!
であることに驚愕の事実を感じました。

ですからなおのこと、心残りな感じがします。
だって、31年も続くような番組なんて
そうそうないじゃないですか??

長寿番組といえば

笑点(50年)
新婚さんいらっしゃい(44年)
徹子の部屋(40年)
タモリ倶楽部(33年)

といったラインナップで、

「さんまのまんま」は それらに続く
長寿番組です。

さんまさんも、31年も続くなんて
予想もしていなかったことでしょう。

しかし、放送回数が1442回、
ゲストがのべ2000人以上という数を考えると
芸能人で出演していないひとなど、
きっといないんじゃないかと思うほど!!

以前は、夜に放送していたので
ながらテレビで観ていましたが、

最近は昼の時間帯に変ったので
観ることも減りました。

夜の時間帯の方が視聴率キープできたのにな!
と思うところですが、

個人的には「さんまのまんま」よりも
終わってもいいんじゃないかと思う
番組があるんですけどねえ・・・笑

さんまのまんま 打ち切り終了の理由に迫る!

関西テレビはフジテレビ系列のテレビ局ですが、
「笑っていいとも」など、 こういった長寿番組を
終わらせてしまうのは経営判断のミスなんじゃないかと
思ってしまいます・・・

こういう長寿の番組は大事にしないと、
ますます視聴率取れなくなるような気がするけど。

まあだけど、さんまさんが納得しての
判断のようですから、まあやむを得ないかな。

因みに、関西テレビは番組終了の理由を
下記のように説明していました。

「30年続いたことでひとくぎりと考えて、
さんまさんと話し合って番組終了を決めました」

とのこと。しかし、具体敵とは言えず、
何か裏がありそうな気がしないでもないけど。

32年目に入ったとはいえ、
きっと視聴率が下がってしまったのか??
長く続けば飽きがくるのもやむなしか・・・

話は変わりますが、漫画の
「こちら亀有公園派出所」も
40年連載が続きましたが、
遂に終わってしまった・・・

昔から超絶な人気があったとは
言えないかもしれないけど、
細く長く続いた感じがします。

まあ、これも時代が変わった
ということなんでしょうかね??

TVを観るという時代から、少しずつ
ネットに移行していってるのかな??

個人的には、9月に突然終了するという
発表があったので、上沼恵美子さんとバトった
ことが原因なのかな?

でもさすがにあのおばちゃんにそんな力は
ないでしょう?和○アキコじゃあるまいし!!(笑)

さんまさんももう60を過ぎて、
今後はマイペースでゆったりと
仕事をしたいと考えたかも知れません。

因みに、今後は特番として、
年に2回ほど放送されるようです。

最終回のゲストは誰?

最終回は、関東では9月25日とのことです。

そして気になるのが
「最後のゲストは誰?」
と言うところです。

ラストなので、やはり豪華なゲストに
なるんですかね?と思ったら
森昌子さんが出演して、

最終回だからしんみりする的な
感じではなさそうです・・・

さんまさんというと、トーク番組での
あの吸い込むような笑い方と、

会話が途切れないあの
テンションの高さが良かったです。

まあでもそれを31年も続けてきた
というのは凄いことですよね!
長い間、お疲れさまでした・

スポンサーリンク