血糖値が高いと言われると
なんだかがっくりしてしまう
今日この頃ですが、

11月14日放送の
「たけしの家庭の医学」では、
血糖値が下がる食べ物を
紹介してくれるとのこと。

 

ちなみに、その血糖値が下がる食べ物とは
ある黄色い食べ物だと言われていますが、
その食べ物がいったい何なのか、

そしてその黄色い食べ物がなぜ
血糖値を下げるのかについて
取り上げていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

たけしの家庭の医学で紹介された血糖値を下げる黄色い食べ物とは?

11月14日放送の「たけしの家庭の医学」にて
紹介された血糖値を下げる黄色い食べ物とは、
温州みかんだと言われています。

 

特に早生の温州みかんは
血糖値を下げるのに効果的だと
言われていて、

他にはその他ミカン類、パパイヤ、
びわ、柿等も血糖値を下げる効果が
あると言われています。

 

しかし、温州みかんをはじめとする
これらの食べ物がなぜ
血糖値を下げる効果があると
言われるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

温州みかんが血糖値を下げる理由とは?

血糖値を下げるには温州みかんが
適しているといわれますが、
その理由はいったい何でしょうか?

温州みかんに含まれる
β-クリプトキサンチンという
成分に血糖値を下げる効果が
あると言われています。

温州みかんにはこのβ-クリプトキサンチンが
他の食べ物と比べても多く含まれていて
手軽に手に入れることもできます。

 

 

 

温州ミカン以外にβ-クリプトキサンチンが含まれる食材とは?

温州みかん以外にβ-クリプトキサンチンが
含まれる食品を調べてみると、

パパイア、びわ、柿にも多く含まれて
いるようですが、それでも温州みかんが
ダントツのようです。

 

β-クリプトキサンチンとは?

β-クリプトキサンチンとは、
天然のカロテノイド色素であり、
黄色、橙、オレンジなどといった
天然色素の一種だと言われています。

また、細胞やDNAを保護する作用が
あったり、糖尿病やがん、リウマチにも
効果的であると言われています。

 

そんなβ-クリプトキサンチンを多く含んだ
温州みかんは、これからの時期は食べごろで
手に入れやすいかと思いますが、

冬以外の季節でも、以下の様な
「温州みかんの皮」というものが
売られているようですね。

 

しかし、この温州みかんを食べることで
β-クリプトキサンチンを摂取できたとしても、

喫煙や飲酒をする人にはあまり効果的では
ないようです。

ちなみに、喫煙や飲酒をする人の血糖値は
喫煙や飲酒をしない人と比べると
53%ほども低い数値となっているようなので、

まずは温州みかんを食べて
β-クリプトキサンチンを摂取すること
以前に飲酒や喫煙は控えていたほうが
よさそうですね・・・