ジブリ映画「耳をすませば」を
観た人なら映画のラスト以降、
雫と聖司はゴールインしたのか?
というところは気になるのでは
ないかなと思います。

「耳をすませば」本編では
ラストで聖司が雫に
プロポーズして終了したものの、

劇中ではその後の2人についての
結末については触れられていません。

実は、「耳をすませば」には続編となる
原作漫画と小説があったようです!

そこで、今回はそんな「耳をすませば」の
続編について迫っていきたいと思います!

「耳をすませば」の漫画版と小説版は
殆ど同じ内容ではありますが、

原作漫画は「耳をすませば 幸せな時間」
といった柊あおいさんの原作の作品です。

はたしてこの作品では2人の
「その後」は描写されているのか?

その後について 雫と聖司は結ばれた?

これが今回一番の
注目ポイントだと思います!

映画のラストで聖司は雫に
「将来結婚しよう」と
プロポーズをした後に、

雫に抱き着いて
エンドロールになりました。

これだけ熱のこもった愛の告白をした
聖司なので、2人にはハッピーエンドで
終ってほしいなと考えるファンも少なくは
ないでしょう。

それでは、「耳をすませば」の
続編にあたる原作の漫画ではどういう感じで
描写されているのでしょうか?

じつは実は原作の漫画と小説の続編についても
2人の今後に関しては触れられていません。

続編といっても1巻のみで、
しかも雫の進路について
描かれているだけでした。

なんともまあ、残念なことです。
それによって雫と聖司は、
結局ゴールインできたのかどうか?

それとも別れてしまったのかについては、
結局のところわかりません。

雫と聖司の二人は結局ゴールインしたのか?
または破局してしまったのか?

これに関しては、結局のところ
誰にもわかりません・・・

ジブリ側からも正式な
発表はありませんし、

結局のところは
ストーリーを観た人の
「ご想像におまかせ」
ということになります。

しかしながら、よくよく考えてみると
聖司と雫の2人はまだ中学生であり、

将来の夢に向かって
進んでゆく少年少女が
その過程で惹かれあっていく
というところが物語の
テーマであるようです。

よって、2人が結婚したのか
どうかについて触れるのは
ナンセンスということなのでしょう。

ネットでも二人の進展についての
意見は分かれているようです。

個人的には雫と聖司の二人は
結ばれたのではないかと
予想します。

そもそも2人はお互いに
夢を追いかけながら切磋琢磨する
仲間であり、

お互いの事を理解しあえる
「親友」でもあるからです。

また、青春時代に
大恋愛したカップルというのは、
その後ゴールインしたという
こともよく聞きますし。

ですから、雫と聖司の二人は
ゴールインしたものと解釈します。

ちなみに、ネットでは
以下のような声がありました。

引用元 goo.gl/yBDaFl

 

 

引用元 goo.gl/yBDaFl

 

 

 

引用元 goo.gl/yBDaFl

 

 

 

引用元 goo.gl/yBDaFl

 

 

引用元 goo.gl/yBDaFl

 

まあ、いろんな意見があって
面白いですね!

 

ちなみに、宮崎駿監督は
「耳をすませば」について、
以下のようにコメントしています。

「ここまでは言えるけど、
ここまでは言えない」
というように、線引きをしている

 

とのこと。

 

ということで、宮崎アニメは
「千と千尋の神隠し」
「紅の豚」
などでもそうでしたが、
劇中のその後については、

視聴者の想像に委ねるような
終わり方をするという印象を受けます。