これから梅雨が明けたら夏本番に突入するわけですが、
梅雨といいながらも雨があまり降っておらず、
水不足も懸念されるほど。

 

年々ヒートアイランド化現象が進み、今後熱中症で倒れた人の
報道が増えるであろう懸念から、僕自身も気を付けていきたいと思います。

 

熱中症対策というと、清涼飲料水が妥当かなと思っていたけれど、
実は清涼飲料水も選んで飲まないと健康を害する元になったり、
実は麦茶が熱中症の対策に適しているとのことなので、
麦茶に含まれるミネラルという成分が良いということなので調べてみました。

 

熱中症対策に麦茶が適している理由

上記にも書きましたが、麦茶にはカリウム・リン・マンガン・ナトリウム
といった成分が含まれており、汗をかいた後には
それらの成分を失ってしまい、
人間の身体でつくることができないから適しているものなのです。

 

また、ミネラル麦茶は「食品」としての扱いになるようで、
血流をさらさらにする効果や体温を下げる効果が緩やかに作用するため、
身体を冷やし過ぎることもないのだとか。

 

また、熱中症はめまいや立ちくらみが起こって
大量に汗が出る状態なのでその対策として水分とミネラルを
補充するにはうってつけなのだとか。

 

市販されている麦茶ですと、ミネラルを含んでいる麦茶ということで、
伊藤園ミネラルむぎ茶が適しているようです。

 

 

2016-06-22_141603

引用元 http://www.itoen.co.jp/products/detail.php?id=60

 

 

 

ちょっと前のCMですが、こんなものがありました。

 

引用元 https://www.youtube.com/watch?v=cu9_TXL9edQ

 

 

鶴瓶師匠がやたら合ってるな・・・(‘Д’)
というCMですが、これから夏休みを迎える小、中、高生には
ぴったりな感じがしますね。

 

小学生から大人のサラリーマンまで、幅広い世代に
愛飲される秘訣は、上記に挙げたミネラルや水分補給に適しているからと言えるでしょう。

僕もこの季節愛飲させてもらっていますが、
値段も安く(650mℓで130円)ボリュームもあるので、
重宝しています。

また、カフェイン入りの麦茶だと、
カフェイン独特の後味が残る(コーヒーを飲んだ後のような感じ)ので、
個人的にはあまり好きではないというのもあってカフェインなしというのが
とてもありがたいです。