2018年4月4日の深夜に放送の
「ナカイの窓」では羽田空港にスポットを
当てて放送予定のようです。

 

今回の放送より、新企画として
円卓を色んな場所に持ち込んで
トークを行うという「出張円卓トーク」
ということで出張先でトークを繰り広げる
流れで行われるようです。

また、そこでは羽田空港で働くパイロット、
客室乗務員(CA)、航空整備士、入国審査官、
税関職員(探知犬ハンドラー)の5人が
登場して羽田空港の裏側について話をするようです。

今回は、そんな「ナカイの窓」4月4日放送回で
取り上げられる内容についてまとめていきたいと
思います。

 

スポンサーリンク

 

ナカイの窓×羽田空港(4月4日放送回)概要

 

【司会】中居正広
【ゲストMC】陣内智則
【ゲスト】滝沢カレン

【放送日時】
2018年4月4日 23時59分~24時54分

 

メインゲスト

 

パイロット
飛行機の操縦者であり、パイロットになるためには
以下の方法が必須となります。
■一般の大学を卒業した後に航空会社に就職し、訓練を受ける
■専門学校に通う
■航空大学や自衛隊でライセンスを取得する

 

 

客室乗務員(CA)
以前はスチュワーデスとも呼ばれていましたが、
現在ではキャビンアテンダントや
フライトアテンダントと呼ばれています。

 

航空整備士
飛行機機体の点検・整備・修理を行い、
飛行機が安全に飛行できるようにメンテナンスを
行う人材です。

人命にかかわる業務に携わるため
「航空整備士」の国家資格が必須になります。

 

入国審査官
日本に出入りする日本人や外国人の審査を
行って不法に日本に来る外国人や
不法に滞在することを事前に防止することで
日本国内の治安を守っています。

また、入国審査官になるためには
国家公務員試験の合格が必須となります。

 

 

税関職員(探知犬ハンドラー)
違法とされる薬物や危険なものなどの
密輸を防ぎ、治安を守る仕事です。
今回の「ナカイの窓」には探知犬のハンドラーも
出演します。

 

スポンサーリンク

 

ナカイの窓 4月4日放送回「羽田空港」の内容

 

 

4月4日深夜に放送予定のナカイの窓@羽田空港では、
以下の内容が放送予定となっています。

パイロット
飛行機は自動操縦なのか?上空では何をしてるのか?

キャビンアテンダント
美人C客から連絡先を渡された時の
対応に注目?!

航空整備士
飛行機に関する疑問に解答!

入国審査官、税関職員
■怪しい外国人の特徴を暴露?!
麻薬探知犬の行動とは?
その他
■羽田空港で飛行機の離着陸が
行われている駐機場に中居正弘が潜入