2月14日に行われたアイスホッケー女子
日本対南北合同チームの試合で、

結果は日本が勝利したものの
アナウンサーが失言?!をして
しまったために炎上してしまった模様。

今回は、そんな炎上騒ぎになった
アナウンサーの失言などについて
取り上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

アイスホッケー 南北合同対日本戦でアナウンサーが失言し、炎上騒ぎに

2月14日に行われた平昌五輪アイスホッケー
韓国と北朝鮮の南北合同チーム対日本戦で
日テレのアナウンサーが、

本来は日本を応援する立場であるはずなのに
南北合同チームが優勢になると
なぜか「さあチャンスです」と
南北合同チームを応援しはじめます。

 

これに対して、オリンピックの
試合を観戦していた視聴者からは
苦情の嵐で炎上してしまったようです。

 

 

スポンサーリンク

 

アイスホッケー 南北合同チームを応援する日テレアナウンサーの発言にネットでは炎上騒ぎに発展!

 

 

ただの言い間違いならいいんですけど、
これだけ反響がでかいとなると、
お詫びのテロップとか、
謝罪のコメントくらいは出したほうが
いいような気もしてきますね。

 

 

 

アナウンサーのほうが本当にミスをして
日本を応援するつもりが誤って
南北合同チームを応援していたとするならば
ちょっと気の毒な気もしますがね・・・

 

 

 

さいごに

結果的には日本が勝利したので
良かったですが、

実況中継のアナウンサーも
人間なので多少のミスはあるかも
しれませんが、

緊迫したときこそ細心の注意を
払わないといけないなと思いました。

スポンサーリンク