第20代総務大臣である、野田聖子氏の
今の旦那である野田分信という人物は、

文春砲によって元ヤクザであることを
暴露されたことで話題になっています。

 

今回、週刊文春によって
報じられた内容をまとめながら、
いったいどういうことなのかについて
迫っていきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

 

野田聖子の夫 野田文信とは?

引用元 https://twitter.com/shoutora_2017

 

 

野田聖子氏の旦那である野田文信氏は
1967年に京都生まれの49歳。

ネットでは「金文信」と呼ばれ、
韓国人ではないかと噂されることも
あるそうな。

本当の名前は「木村文信」と
いう名前だそうです。

 

幼いころに両親が離婚し、
父親に引き取られたものの
かなり荒れた生活を送っていた模様。

 

また、幼いころに両親が離婚し、
父親に引き取られたものの
かなり荒れた生活を送っていた模様。

 

高校卒業後は板前になろうと
店を転々としていたことも
あったそうな。

 

このような経歴を見る限りでは
とても裕福そうな印象は受けないし、
失礼ながら野田聖子氏と結婚できるような
人物に値しないとしか思えないのですが、

ここからが文春によって暴露された
内容になりますが、どうやら裏の顔が
あったようで・・・

 

スポンサーリンク

 

文春砲で暴露された野田文信の裏の顔とは?

 

上にも書いたように、(週刊文春の
取材によると)元々の名前は
木村文信という名前とのことで、

会津小鉄会昌山組という暴力団の
幹部だったとのこと。

また、警察のごく一部の間でも
木村文信としての名前が記録されている
京都の指定暴力団である「昌山組」の
組員だったとされる文書があるのだとか。

 

そんな暴力団に所属していた過去もあれば、
実業家?!として成功を収めていたことも
あったそうです。

野田文信 実業家として成功していた?!

野田文信氏はヤクザから足を洗った後は
携帯電話事業を成功させ、
その他サイト運営や飲食店経営で
生計を立てていたそうです。

しかし、実の兄の免許書番号を
無断で使用したという理由や、

サイト運営時に大量のスパムメールを
発信したという理由によって
それぞれ2回の逮捕歴があるそうです。

しかし、株式投資を行って
マザーズ上場をした企業の
株主にもなったという経験も
あるそうで、

一方では裏社会に生きた人間であるものの、
また一方ではビジネスの運用が
上手い人物ともいえるのかもしれません。

 

また、野田聖子氏との馴れ初めは、
飲食店経営時に知り合ったそうで
なんと野田聖子氏のほうが
ひとめぼれをしたそうな。

そして、2011年1月には野田聖子氏が
長男を出産しているとのこと。

現在は主夫として妻を支える夫として
というイメージで表に映っていたものの、

実際はFXにはまっており、
家庭のことはそっちのけという
ような状態なんだとか。

まあ、逮捕歴があったり、ヤクザと
繋がりがあったとはいえ、過去の事は
どうすることもできませんし、

現在は更正していて真っ当な人生を
送っていたとするならば
何も批判される筋合いはないと思います。

しかしながら、政治家の夫として、
ポスト安倍と言われるような人物の
身内の人間に、黒いものを持った人物が
いるということには、

作今の政治家の不祥事を見ているだけに
首をかしげたくなるのもこれまた事実なわけで。

100%ホワイトで聖人君子などという
人物は存在しないでしょうけど、
あまりにも黒い部分が目立ってしまうと
どうしてもいやな気分になってしまうのは
仕方のないことなのかもしれませんね。