衝撃的な訃報が舞い込んできました。
俳優の大杉漣さんが急性心不全のため
急死してしまったとのこと。

 

死因が急性心不全ということですが、
ここ最近では映画「アウトレイジ」や
日テレのぐるナイ「ゴチ」にレギュラー参加
していたりと精力的に活躍されていたはずですが・・・

 

今回は、そんな大杉漣さんの死因でもある
急性心不全や現在レギュラー出演している
番組について今後どうなるのかを取り上げて
いきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

大杉漣 プロフィール

 

【本名】大杉 孝
【生年月日】1951年9月27日
【没年月日】2018年2月21日(66歳没)
【出身地】徳島県小松島市
【身長】178cm
【血液型】B型
【職業】俳優
【ジャンル】舞台・映画・ドラマ
【活動期間】1973年 – 2018年
【配偶者】既婚
【著名な家族】大杉隼平(長男)
【事務所】ザッコ

引用元 wikipedia
1970年代は劇団活動を行い
舞台俳優として活動していました。

其の後1980年代にはピンク映画にて
映画俳優デビューを果たします。

其の後も映画界への出進出を
望んでいるもののなかなか希望する
役を射止めることができず、

Vシネマ等に多数出演して
収入を確保するといった生活が
続きました。

 

40代になって北野武監督の映画
「ソチエネ」(1993年)の
オーディションを受けると、

遅刻したにもかかわらず合格し、
この作品が転機となり知名度が
アップしていきます。

其の後も北野武監督の映画「HANABI」
に出演したり、最近では「アウトレイジ」での
出演が記憶にも新しいところです。

スポンサーリンク

 

また、演じる役柄は、
仮面ライダーの地獄大使のようなキャラから
堅実なサラリーマン、やくざ、サイコパスのような
多岐に渡る様々なものでした。

 

 

 

大杉漣が急死!死因は急性心不全!

大杉漣さんは急性心不全によって
急死されてしまったということですが、
急性心不全とはどういう症状なのでしょうか?

 

wikipediaによると、以下の様な
症状に陥るようです。

急性心不全においては、
心機能の低下が代償可能な範囲を上回り、
急激な低下を示すことから、
血行動態の異常は高度となる。
なお、左心不全が多い。

症状としては、呼吸困難
ショック症状といった急性症状が出現する。

治療方針としては、血行動態の正常化を図る
(心臓負荷を軽減し、心拍出量を増加させる)
ことが優先され、迅速な処置が求められる。

引用元 wikipedia

 

 

これを見る限りでは、予兆の様な
ものがあったわけではなく、
急に起こったまさにアクシデント
といった状態だったんでしょうか?!

 

 

 

大杉漣 ぐるナイゴチの後任はどうする?!

 

大杉漣さんは、バラエティー番組の
ぐるナイゴチにレギュラー出演を
していましたが、

今回急性心不全によって
急死したという報道が流れてきました。

それに伴い、ぐるナイゴチの
スタッフもおそらくは
急な事でしょうから後任などを
考える余地はなさそうな気がします。

後任といってもすぐに決まるものでも
ないでしょうから、しばらくは
船越英一郎さん、矢部さんやもしかするとTOKIOの
国分太一さんが代打で出演するといった
かたちになるのではないでしょうか?

 

【追記】
2月22日放送のぐるナイゴチでは
既に収録済みだったようなので
大杉漣さんは出演するようです。

次週以降は後任を入れるのか、
それとも現メンバーのみで
やっていくのかは現在協議中だと
思われます。

 

 

さいごに

 

大杉漣さんが66歳でお亡くなりになった
ということで、急なことで驚きを
隠せないわけですし、

 

 

直近のぐるナイに出演されていたときも
全く予兆などがみられなかっただけに
ショックと驚きを隠せずにはいられません。

 

人間いつかは死ぬとわかってはいるものの、
なぜ今なんだろうと納得がいくものでは
ありませんね~

 

今はご冥福をお祈りするしか
ありませんね。