日本ハムの大谷翔平投手が、
メジャーリーグの「エンゼルス」
と契約したことで話題になっています。

 

日本人のプロ野球選手がメジャー入りするのは
もはや普通の出来事になっている
感がしますが、

 

そこで気になるのは契約金や
決定打となったところですよね。

 

今回は、そんな大谷翔平選手が
メジャーリーグのエンゼルスに
入団を決意した決め手や、
契約金について取り上げていきたいと
思います。

スポンサーリンク

 

大谷翔平のプロフィール

 

【出身地】 岩手県奥州市
【生年月日】 1994年7月5日(23歳)
【身長】193 cm
【体重】97 kg
【投球・打席】 右投左打
【ポジション】 投手、外野手
【プロ入り】 2012年 ドラフト1位
【初出場】 2013年3月29日
【年俸】 2億7,000万円(2017年)

【経歴】
花巻東高等学校
北海道日本ハムファイターズ (2013 – 2017)
ロサンゼルス・エンゼルス (2018 – )

引用元 wikipedia

 

 

投手と野手を両立させる「二刀流」として
話題になっていて、球速は165km/h

2016年の成績は、
勝利数、本塁打数がともに二桁になり、
安打数も100を超えて日本ハムの
日本一に貢献していました。
(10勝、22本塁打、104安打、67打点)

 

海外では、「和製ベーブ・ルース」の
あだ名がつけられているとか。

 

スポンサーリンク

 

 

大谷翔平が入団を決めたエンジェルスの契約金はいくら?決め手は金額か?

 

今回、大谷翔平さんはポスティングによる
メジャー移籍を果たしましたが、
気になるのは契約金がいくらだったのか?
ということですよね。

ちなみに、ジャイアンツ、ドジャース、
エンゼルス、カブス、マリナーズ、
レンジャーズ、パドレスといった球団と
面談をしていたそうです。

そして、それらの球団から提示された
金額は、マリナーズが約4億200万円
という額だったり、

レンジャーズが約3億9900万円
という額だったことから、

エンジェルスの提示した金額は
それらの球団よりも高い額
だったのではないかと予想します。

僕は当事者ではないので、
わかりませんが
ポスティングによる移籍という
くらいなので、金額が決め手のひとつでは
あると思います。

 

 

 

大谷翔平のメジャー移籍球団がエンジェルスに決定したことで、海外の反応は?

 

 

日本では大々的に報じられている
様子ですが、海外の反応は歓迎モードでは
なさそうな気がしますね・・・

 

 

彼は確実に成功すると人々は書くけど、どうかな。
確かに才能はあるけど試合でできると
いうことを証明しないといけない。

というわけでこれだけでエンジェルスの
プレーオフが確実だとは思わないな。

引用元 http://stumbleon.blog.fc2.com/blog-entry-2843.html

 

俺たちレンジャーズのファンは
どれほど悲しんでいることか。

大谷、4月に会おう。その時この決断を後悔するだろう。

引用元 http://stumbleon.blog.fc2.com/blog-entry-2843.html

彼は良い選手だけど、偉大とまでは
いかないで終わると予想する。
メディアは大騒ぎしてるけど時が証明するだろう。

引用元 http://stumbleon.blog.fc2.com/blog-entry-2843.html

 

偉大な選手がエンジェルスで
また無駄になってしまう。

引用元 http://stumbleon.blog.fc2.com/blog-entry-2843.html

 

 

 

大谷翔平 メジャー移籍はいつ?

 

大谷翔平選手がエンジェルスに移籍して
試合に出るのは2018年になるようです。

海外の反応を見る限りでは
残念ながら歓迎ムードでは
なさそうですが、

きっちり結果を残して
見返していって欲しいものです。