日本サッカー協会が5月18日に発表した、
ワールドカップの壮行試合である
ガーナ戦に向けて5月21日からの
国内合宿メンバーを発表しました。

そして、ポリバレント布陣を敷く方針を
打ち出したということですが、
これはいったいどのような意味なのでしょうか?

 

また、中島翔哉選手について
日本代表を落選したということで
サポーターからは不満の声も上がっている様子。

そこで今回は、以下2点について

■ポリバレントの意味
■中島翔哉選手が日本代表を
落選した理由

取り上げていきたいと
思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ポリバレントの意味とは?中島翔哉が日本代表を外された理由とは?

 

日本サッカー協会が2018年5月18日に
発表したガーナ代表との親善試合に臨む
日本代表メンバーを発表したところ、

なんと中島翔哉選手がメンバーから
外されていることがわかりました。

 

また、中島翔哉選手の落選理由について
西野監督からすると

■ポリバレントではない
■日本代表の中で位置する
ポジションが一番膨らむ

 

という理由によって日本代表には
選ばれなかったということでした。

 

ポリバレントの意味とは?

西野監督が発言したポリバレントの意味とは、
自身の専門領域のみならず、

幅広いポジションで
活躍することができるという
「ユーティリティープレイヤー」
ほぼ同様の意味を持つものとされています。

 

ちなみに2006年から2007年にかけて
サッカー代表のオシム前監督によって、

「複数のポジションをこなすことが
できる選手」という意味で使われて
いたことで日本でも広まっていました。

 

よって、中島翔哉選手はフォワードとしては
優れた選手であるものの、
複数のポジションをこなすことが
できないために選ばれなかったようです。

スポンサーリンク

 

中島翔哉選手が「ポリバレント」によってメンバー落選になったことで、世間の反応は?

 

今回中島翔哉選手が「ポリバレント」が欠けている
ということで日本代表メンバーから
外されたことについて、世間では納得が
いかない様子がうかがえます。

 

 

 

 

 

こうして見てみると、納得するどころか
サポーターへの不信感を煽ってしまう
結果につながったような気がします。

 

 

 

 

さいごに

 

今回中島翔哉選手がメンバーに
選ばれなかった理由として
「ポリバレント」なプレイヤーである
ということが挙げられました。

もしかすると、2018年の
流行語大賞にノミネートされるかも
しれませんね・・・

 

なんだかんだで注目は集まるかも
しれませんが、サポーターがこのことで
暴動を起こさないかが心配にも
なったります(苦笑)

 

しかし、いろんなポジションでまんべんなく
プレイできる選手というのは、
そんなに多くないだろう?と思うのは
僕だけでしょうか???