盲目の芸人である濱田祐太郎さんが
「R―1ぐらんぷり 2018」で優勝したことで
話題を呼んでいます。

自身の盲目による体験談をネタにした
芸風は、決して自虐的ではなく
客観的に笑いがこぼれるような
ユーモアあふれるものだったため、

競合を押しのけて見事優勝に
いたったのかなと思います。

今回は、そんな濱田祐太郎さんの
プロフィールやネタなどについて
取り上げていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

濱田祐太郎 プロフィール

 

 

 

【生年月日】1989年09月08日
【身長/体重】171cm /85kg
【血液型】O型
【出身地】兵庫県 神戸市
【趣味】
フォークギター
アコースティックギター
フィンガーピッキング
大食い
【特技】
あんまマッサージ指圧師
針師
自分の好みに合わせて
丁度いいかたさでお米を炊ける事

NSC大阪35期

 

先天性緑内障という病気のため、
盲目であるのは生まれつきとのことです。

ちなみに、その先天性緑内障とは
3万人にひとりの割合で発症するもの
ということで、

左目は見えず、右目は明暗のみ
判別できるといったもののようです。

スポンサーリンク

ちなみに、お笑い芸人を志したのは
小学生の頃からお笑いが好きだったそうで、
テレビやラジオで漫才をよく視聴していた
そうです。

ちなみに、好きな芸人は
「ピッキーズ」
「ハリガネロック」
といった面々とのこと。

 

そして、地元神戸にある視覚特別支援学校を
卒業した後はお笑い芸人を目指すために
バイトをして貯金をして吉本総合芸能学院(NSC)
に入学しました。

NSC大阪357期を卒業した後は
2013年4月にお笑い芸人として
デビューを果たします。

 

 

 

濱田祐太郎のネタがヤバい!

濱田祐太郎さんの芸風は、
自身の盲学校での体験を基にした
「盲学校あるある」といったものですが、

決して自虐的なネタではなく
しっかりとした漫談なので
よくできているなあと感じさせられます。

 

こういったネタはタブー視されやすい
ような気がしますが、それをユーモアある
芸風として笑いを提供できるのは
凄いスキルだと思います。

 

ちなみに、濱田祐太郎さんの
ネタが動画で視聴できますので
よろしければご覧ください。

引用元 よしもと漫才劇場チャンネル

 

さいごに

 

今回R-1グランプリで優勝したことで
テレビなどの露出が増えて
ブレイクしていくかもしれませんね!

 

2017年初頭のブルゾンちえみさんのように
爆発的に人気が上昇することも
あり得るかも?!しれませんね。