年末を締めくくる歌番組といえば
「レコード大賞」。

番組の開始時間が夕方の17:30からなので、
録画予約をしておくことが
確実かもしれませんね。

それでは、レコード大賞2016の
タイムテーブルと出演者について
まとめていきたいと思います。

加えて各受賞についても
発表していきたいと思います。

スポンサーリンク

レコード大賞2016 概要

日時、司会、放送局について

【日時】
2016年12月30日 17:30~

【司会】
安住紳一郎(TBS)、天海祐希

引用元 goo.gl/IhhFk8

 

 

午後 5:30 〜
HBC・ATV・IBC・TBC・TUY・TUF・BSN・SBC
MRO・SBS・CBC・MBS・RSK・RCC・BSS・TYS・
ITV・KUTV・RKB ・RKK・OBS・MRT・MBC

午後 6:30 〜
UTY・TUT・NBC ・RBC

スポンサーリンク

レコード大賞2016 タイムテーブル

現在タイムテーブルが発表されていないため、
わかりしだいお伝えします。

レコード大賞2016 各賞受賞者

優秀作品賞

「あなたの好きなところ」西野カナ
「海の声」浦島太郎 (桐谷健太)
「女は抱かれて鮎になる」坂本冬美
「最&高」きゃりーぱみゅぱみゅ
「365日の紙飛行機」AKB48
「涙のない世界」AAA
「花束を君に」宇多田ヒカル
「BELIEVE」西内まりや
「みれん心」氷川きよし
「ラストシーン」いきものがかり
(作品名 50音順)

新人賞

iKON
林部智史
羽山みずき
BOYS AND MEN
(50音順)

最優秀アルバム賞

「Fantôme」宇多田ヒカル

優秀アルバム賞

「YELLOW DANCER」星野源
「醒めない」スピッツ
「シャンデリア」back number
「JOY OF LIFE」葉加瀬太郎
(アルバム名 50音順)

日本作曲家協会選奨

城之内早苗
山川 豊
(50音順)

最優秀歌唱賞

鈴木雅之

特別賞

『君の名は。』RADWIMPS
THE YELLOW MONKEY
『シン・ゴジラ』鷺巣詩郎・伊福部昭
BIGBANG
(50音順)

特別話題賞

『PPAP (ペンパイナッポーアッポーペン) 』ピコ太郎

特別栄誉賞

船村 徹

作曲賞

岡 千秋
「命の恋」神野美伽

作詩賞

原 文彦
「秋恋歌」香西かおり

編曲賞

SEKAI NO OWARI
「Hey Ho」SEKAI NO OWARI

企画賞

『あからんくん』プロデュース:松本一起 (作詩)、伊勢正三 (音楽)
南こうせつ・イルカ・池田聡・太田裕美・大野真澄・我那覇美奈・しなまゆ・名倉七海 他
『1936〜your songs〜』
山崎育三郎
『顧かえりみて』
永井龍雲
『ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス』
相田翔子・石川ひとみ・岩崎宏美・植村花菜・太田裕美・華原朋美・島谷ひとみ・鈴木亜美・谷山浩子・中川翔子・夏川りみ・平野綾・FUNK THE PEANUTS (吉田美和・浦嶋りんこ)・藤本美貴・マルシア・misono・ももいろクローバーZ (百田夏菜子・玉井詩織)・森口博子・森高千里・矢井田瞳・Little Glee Monster (アサヒ・manaka)
『Sugar Cane Cable Network』
BEGIN
『スナック JUJU 〜夜のRequest〜』『六本木心中/ラヴ・イズ・オーヴァー』
JUJU
『長編歌謡浪曲 無法松の恋〜松五郎と吉岡夫人〜』
中村美律子
『トゥ・ヤング』
雪村いづみ with 美空ひばり・江利チエミ
『東京恋文』
蘭華
『PERFECT HUMAN』
RADIO FISH
『未樹の歌の旅…』
松川未樹
(作品名50音順)
功労賞
斉藤 功
志賀大介
水前寺清子
千 昌夫
馬飼野俊一
(50音順)

特別功労賞

伊藤ユミ (ザ・ピーナッツ)
永 六輔
喜早 哲 (ダークダックス)
佐々木 行 (ダークダックス)
冨田 勲
(50音順)

ということで、残すは最優秀新人賞のみ
となりましたが、最優秀新人賞について
予想してみました。

 

レコード大賞2016 ノミネートは星野源の恋が有力?

レコード大賞2016 新人賞が発表!最優秀賞は正当な評価を期待!

2016年はまさかのLDHによる
買収報道があって、

三代目JSBが出演を辞退し、
社長のHIROが辞任したりと、

このレコード大賞そのものが
延期または中止になるかもしれない
という噂までありましたが、

無事放送されるようになったのは
良かったなと思います。

また、宇多田ヒカルさんが
評価されているというのは、
個人的に嬉しいですね。

たいしたプロモーションもなく
8年ぶりに発売したアルバムが
評価されているというのは、

やっぱり実力あってのものだと
思います。

 

AKBファンやエグザイルグループの
ファンの方には申し訳ないけど、
(人間性を批判するわけではありません)

やっぱり商業的な印象がぬぐえないので、
音楽そのものが商業というところはあるにせよ、

アートを感じないので、
地道に活動している
アーティストが評価されても
いいんじゃないかと思いますね。

スポンサーリンク