いよいよ6月14日にFIFAワールドカップ2018が
ロシアにて開幕します!

今回のワールドカップはロシアにて
行われるということですが、
12の試合会場にて激戦が繰り広げられる
ことになっています。

 

おおまかではありますが、
日本との時差は4から7時間ほどと
いわれていますが、
会場によって若干差がある模様。

 

そこで今回は、そんなワールドカップ2018の
開催地であるロシアの各試合会場(開催都市)と
日本との時差についてまとめていきたいと
思います。

 

 

スポンサーリンク

 

ロシアワールドカップ2018開催都市(会場)&地図と日本の時差&試合予定まとめ

 

ここでは、ワールドカップ2018で試合が
行われるロシア国内の会場についてや
日本との時差についてまとめていきたいと
思います。

 

AS20171202000377_comm引用元 https://www.asahi.com/articles/photo/AS20171202000377.html

ワールドカップ2018では11都市
12会場となります。

今回は、その11都市12会場について
各会場の地図や日本との時差、
そして開催される試合日程についても
まとめています。

 

※(カッコ)内の時間は
現地時間となります。

 

エカテリンブルク

1024px-Estadio_Central_(Ekaterinburg-arena)

引用元 wikipedia

ロシア国内では最も古いクラブのひとつで
FCウラルの本拠地でもあります。
ワールドカップ開催に向けて大規模な
増築を行っています。

 

 

【会場名】エカテリンブルク・アレーナ
【収容人数】35000人
【創立】1957年
【日本との時差】マイナス4時間
【都市の人口】約140万人

【試合予定】

6月15日 エジプトvsウルグアイ(17時~)
6月21日 フランスvsペルー(20時~)
6月24日 日本vsセネガル(20時~)

 

 

カリーンングラード

800px-Kaliningrad_stadium_-_2018-04-07

引用元 wikipedia

今回のワールドカップの開催のために
新設された会場。
ポーランドとリトアニアに
囲まれた飛び地に位置している。

 

 

【会場名】カリーニングラード・スタジアム
【収容人数】35000人
【創立】2018年
【日本との時差】マイナス7時間
【都市の人口】約46万人

【試合予定】
6月16日 クロアチアvsナイジェリア(21時~)
6月22日 セルビアvsスイス(20時~)
6月25日 スペインvsモロッコ(20時~)

 

 

カザン

1024px-Kazan-arena-stadium

引用元 wikipedia

 

2013年夏季ユニバーシアード用の
競技場として作られ、その後は
ルビン・カザンの本拠地となっています。

 

【会場名】カザン・アレーナ
【収容人数】45000人
【創立】2013年
【日本との時差】マイナス6時間
【都市の人口】約120万人

【試合予定】
6月16日 フランスvsオーストラリア(13時~)
6月20日 イランvsスペイン(21時~)
6月24日 ポーランドvsコロンビア(21時~)
6月27日 韓国vsドイツ(17時~)
6月30日 グループC1位チームvsグループD2位チーム(17時~)
7月6日 準々決勝(21時~)

 

スポンサーリンク

 

モスクワ

800px-Flickr_-_Pavel_Kazachkov_-_Luzhniki_stadium

引用元 wikipedia

 

ロシアで最大の収容人数となり、
代表チームの本拠地でもあります。
かつてはオリンピックや世界陸上も
開催されていました。

 

【会場名】ルジニキ・スタジアム
【収容人数】80000人
【創立】1956年
【日本との時差】マイナス6時間
【都市の人口】約1230万人

【試合予定】
6月14日 ロシアvsサウジアラビア(18時~)
6月17日 ドイツvsメキシコ(18時~)
6月20日 ポルトガルvsモロッコ(15時~)
6月26日  デンマークvsフランス(17時~)
7月1日 グループB1位vsグループA2位
7月11日 準決勝(21時~)
7月15日 決勝(18日~)

 

 

800px-Spartak_stadium_(Otkrytiye_Arena),_23_August_2014

引用元 wikipedia

2014年にスパルタク・モスクワの
本拠地としてオープンしました。

 

 

【会場名】スパルタク・スタジアム
【収容人数】45000人
【創立】2014年
【日本との時差】マイナス6時間
【都市の人口】約1230万人

【試合予定】
6月16日 アルゼンチンvsアイスランド(16時~)
6月19日 ポーランドvsセネガル(18時~)
6月23日 ベルギーvsチュニジア(15時~)
6月27日 セルビアvsブラジル(21時~)
7月3日 グループH1位vsグループG2位(21時~)

 

 

 

ニジニ・ノヴゴロド

800px-Nizhny_Novgorod_Stadium_2018-05-02_(1)

引用元 wikipedia

 

ロシアワールドカップにおける
会場の中で随一の美しさだと
いわれています。

その外観は「水と風」が
テーマになっているとか。

 

 

【会場名】ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム
【収容人数】45000人
【創立】2018年
【日本との時差】マイナス6時間
【都市の人口】約120万人

【試合予定】
6月18日 スウェーデンvs韓国(15時~)
6月21日 アルゼンチンvsクロアチア(21時~)
6月24日 イングランドvsパナマ(15時~)
6月27日 スイスvsコスタリカ(21時~)
7月1日 グループD1位~グループC2位(21時~)
7月6日 準々決勝(17時~)

 

スポンサーリンク

 

ロストフ・ナ・ドヌ

800px-Rostov_Arena_(2)

引用元 wikipedia

ドン川の流れをモチーフとした
ワールドカップ開催に向けて
新設された会場

 

 

【会場名】ロストフ・アレーナ
【収容人数】45000人
【創立】2018年
【日本との時差】マイナス6時間
【都市の人口】約110万人

【試合予定】
6月17日 ブラジルvsスイス(21時~)
6月20日 ウルグアイvsサウジアラビア(18時~)
6月23日 韓国vsメキシコ(18時~)
6月26日 アイスランドvsクロアチア(21時~)
7月2日 グループG1位vsグループH2位(21時~)

 

 

サンクトテルブルク

800px-Spb_06-2017_img42_Krestovsky_Stadium

引用元 wikipedia

 

総工費は1600億円とも言われており、
日本の黒川紀章という人物が
デザインを手掛けています。

また、豊田スタジアムとも
外観が似ているとも。

 

 

【会場名】サンクトペテルブルク・スタジアム
【収容人数】67000人
【創立】2017年
【日本との時差】マイナス6時間
【都市の人口】約520万人

【試合予定】
6月15日 モロッコvsイラン(18時~)
6月19日 ロシアvsエジプト(21時~)
6月22日 ブラジルvsコスタリカ(15時~)
6月26日 ナイジェリアvsアルゼンチン(21時~)
7月3日 グループF1位vsグループE2位(17時~)
7月10日 準決勝(21時~)
7月14日 3位決定戦(17時~)

 

 

サマーラ

Samara_stadium

引用元 wikipedia

デザインのテーマは「宇宙」
夜になるとライトアップされる
ガラスドームが美しい。

 

 

【会場名】サマーラ・アレーナ
【収容人数】45000人
【創立】2018年
【日本との時差】マイナス5時間
【都市の人口】約110万人

【試合予定】
6月17日 コスタリカvsセルビア(16時~)
6月21日 デンマークvsオーストラリア(16時~)
6月25日 ウルグアイvsロシア(18時~)
6月28日 セネガルvsコロンビア(18時~)
7月2日 グループE1位vsグループF2位(18時~)
7月7日 準々決勝(18時~)

 

 

サランスク

Стадион_Mordovia_arena

引用元 wikipedia

 

今大会の中では最も規模が小さい会場。
街の中心地にあるため駅や空港からの
アクセスは良いそうだ。

 

【会場名】モルドヴィア・アレーナ
【収容人数】44000人
【創立】2018年
【日本との時差】マイナス6時間
【都市の人口】約30万人

【試合予定】
6月16日 ペルーvsデンマーク(19時~)
6月19日 コロンビアvs日本(15時~)
6月25日 イランvsポルトガル(21時~)
6月28日 パナマvsチュニジア(21時~)

 

 

ソチ

800px-Fisht_Olympic_Stadium_2017

引用元 wikipedia

2014年のソチ冬期オリンピックの
メイン会場として建設され、
2017年にはワールドカップ仕様に
改装されています。

 

 

【会場名】フィシュト・スタジアム
【収容人数】48000人
【創立】2013年
【日本との時差】マイナス6時間
【都市の人口】約40万人

【試合予定】
6月15日 ポルトガルvsスペイン(21時~)
6月18日 ベルギーvsパナマ(18時~)
6月23日 ドイツvsスウェーデン(21時~)
6月26日 オーストラリアvsペルー(17時~)
6月30日 グループA1位vsグループB2位(21時~)
7月7日 準々決勝(21時~)

 

 

 

ヴォルゴグラード

Construction_of_Volgograd_Arena_outside

引用元 wikipedia

今回のワールドカップ開催のために
同じ場所に立っていたスタジアムを
取り壊して新たに建設した会場。

 

 

【会場名】ヴォルゴグラード・アレーナ
【収容人数】45000人
【創立】2018年
【日本との時差】マイナス6時間
【都市の人口】約100万人

【試合予定】
6月18日 チュニジアvsイングランド(21時~)
6月22日 ナイジェリアvsアイスランド(18時~)
6月25日 サウジアラビアvsエジプト(17時~)
6月28日 日本vsポーランド(17時~)

 

 

こうして見てみると、比較的新しい建物が
目立ちますね。都市の人口はモスクワ以外は
日本と比べたらさほど多くはなさそうですね。
(似たようなものでしょうか?!)

 

 

 

まとめ

■ワールドカップ2018の
開会式会場はモスクワにある
「ルジニキ・スタジアム」にて
行われる予定。
(たぶん閉会式も)

■ロシアワールドカップの会場の中で
古い建物は
「ルジニキ・スタジアム」
「エカデリンブルク・アレーナ」
の2箇所のみで、ほかの会場は
直近5年以内に建設や増設されている。

 

■ワールドカップ2018での
開催都市と日本の時差は
会場によって異なるが、
4時間~7時間ほどになる。

 

■ワールドカップ2018の会場数は
12となる。