2018年4月25日にTOKIOの山口達也メンバーが
「Rの法則」で共演した女子高生を自宅に呼んで
キスをしたということで世間を騒がせました。

そして、翌日の4月26日に会見を行い、
芸能活動を無期限停止という
発表も行いました。

会見の際には「お酒の問題」
ということに触れていましたが、

別の番組では国分太一さんや
薬丸裕英さんたちがお酒の問題について
心配している様子が伺えました。

そこで今回は、山口達也メンバーが

■実際にお酒の問題を抱えていて
アルコール依存症だったのかどうか?

■キスした相手の女子高生とは、
実際にはキスだけではなかったのかどうか?

 

について考えていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

山口達也メンバーは相手の女子高生とキスだけじゃなかった?!酒癖の悪さが離婚や今回の問題に発展か?

 

2018年4月25日にTOKIOの山口達也メンバーが
女子高生を自宅に呼び、飲酒させただけではなく
キスをしたということで、

未成年に対するわいせつ行為で
書類送検になったということで
世間を騒がせていました。

事の始まりは、つい先日のことではなく、
実際には2か月前の2018年2月に
行われていたということで、

現在は示談が成立しているということで
一件落着ではないかと当人たちは
思っていたように感じます。

 

 

しかし、現在の法律では仮に
示談が成立していたとしても
起訴することはできるようなので、

実際に事が起こっていた
2018年2月から2018年4月までの間は
山口達也メンバーも気が気ではなかったように
思いますね・・・

 

 

まず、未成年者を自宅に呼んで
お酒を飲ませるといった行為そのものが
まずはアウトです・・・
今回の報道では「キスをした」ということ
でしたが、もしかするとそれ以上の事も
あった可能性は否定できないでしょう。

 

 

また、テレビで関係者(国分太一、薬丸裕英)たちが
お酒の問題を抱えているという発言をしていました。

普段はナイスガイだとしても、
お酒が入ってしまうと
豹変してしまうとことがあったそうなので、

女子高生を自宅に呼んでお酒を
飲んでしまったことを考えると
それまではナイスガイだったキャラが
豹変してしまったのかもしれません。。。
また、2016年には5歳年下の元モデルの女性と
離婚したことも話題になりましたが、
その当時は夫婦間の問題なのかなと
思っていました。

しかし、今回の事件の問題を振り返ると、
山口達也メンバーの素行に問題があって
(女性問題など)離婚に発展してしまったのかも
しれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

山口達也 アルコール依存症だったのか検証

 

過去に山口達也メンバーが離婚後に
週刊誌で報じられた内容によると、

足しげく通っていたされる病院が
アルコール依存症の治療で有名とされる
ところだったとか。

もちろん、山口達也メンバー本人は
報じられた内容を否定していたそうですが、

お酒を飲み過ぎてしまうということは
事実として告白していたようなので
アルコール依存症の症状と重なる点は
あったようです。

 

また、業界の中では酒癖の悪さが
昔から問題視されていて
トラブルメーカーだったそうです。

 

2011年には無免許運転、
2016年には離婚、
そして2018年の眼帯をしていたことや
飲酒とわいせつ事件

を振り返ってみると、
すべてに酒癖の悪さが関係していたのか
どうかはわからないものの、

これまでのいきさつを考えると
アルコール依存症によって
トラブルがいろいろと怒っていたのでは
ないかと考えてもなんら不思議な事では
ないような気がします。

 

 

さいごに

事務所は無期限停止と発表しましたが、
世間の反応はそれ以上に厳しいものと
考えられます。

 

事実上引退となったとしても、
TOKIOを脱退ということになったとしても
なんら違和感はないでしょう。

 

これを機にゆっくり静養して
いろんなことに向き合う覚悟も
必要なのかもしれませんね。