11月28日放送の「セブンルール」に
ゲスト出演の桜林直子さん。

シングルマザーでクッキー屋を経営する
傍らで飲食店のアドバイザーも
やっているとか。

現在15歳の娘あーちんさんは中学生ながら
イラストレーターとして活動中
とのこと。

今回は、そんな桜林直子さんが経営する
クッキー屋の場所や通販情報、
そして娘のあーちんさんについて
取り上げていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

桜林直子のプロフィール

1978年生まれ。製菓の専門学校を
卒業後、チョコレート会社に就職。

会社員時代は、販売、企画、人事、
経理、商品管理、広報、営業などの
経験をします。

2011年には独立して渋谷区の
富ヶ谷にクッキー屋「SAC about cookies」を
オープンさせます。

このクッキー屋は
「笑うように、踊るように、旅するように」
というものをコンセプトにして
楽しくやっていくことをモットーに
しているようです。

 

 

桜林直子のクッキーがかわいい!手作り弁当もヤバい!

 

インスタグラムなどで桜林直子さんの
クッキーの画像が拡散されているようですが、
個性的で、食べるのがもったいないような
印象を受けます。

なんだかクッキーというよりは、
部屋に飾る雑貨のようですね。

\鬼はくちー!/ たべる鬼退治しようね。 #sacaboutcookies

サクちゃんさん(@sac_ring)がシェアした投稿 –

14年来の友達からの頂き物☺

遠藤早さん(@zaovino)がシェアした投稿 –

また、桜林直子さんが自身のインスタグラムに
投稿しているお弁当の画像もあるのですが、
とてもおいしそうです。

 

ササミとたまごでアスリートのような弁当 あーちんは運動不足らしい。#あーちん弁当 #お弁当

サクちゃんさん(@sac_ring)がシェアした投稿 –

 

シングルマザーながらクッキー屋を
経営していて、子育ても同時進行していて
娘も中学生ながらイラストレーターとして
活躍しているというからすごいですよね!

 

大変なこともあるでしょうけど、
それでも毎日楽しそうに過ごせているのは
日々の心がけだったりするんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

桜林直子の子育て術とは?

 

桜林直子さんは、もともとは
チョコレート会社に勤務していましたが、

育児や家のことなども考えると
時間的な余裕がないことから独立を
考えたそうです。

そして、子供の夏休みの期間中に
一大決心して独立することに
したそうですが、

子供が夏休みで家にいたとしても
なかなか触れ合う時間を作ることが
難しいということもあったそうで、

そういったことが独立への決め手に
なったようです。

そんな桜庭さんの子育て術とは、

■子供をひとりの独立した人間として考える
■褒めて子供の良いところを伸ばしていく
■家事には積極的に取り組んでもら

といったことを心掛けているようです。

子供の好きなことに理解があって、
それを伸ばさせるという考えを
もてる親というのはなかなかいないような
気がします。

 

 

桜林直子のクッキー屋の場所は?

 

「greenzみたよ」って言ってみたw。 #メガネと、 #東京編

takashi takahashiさん(@takahashitakashi)がシェアした投稿 –

さて、桜林直子さんの気になる
クッキー屋の場所ですが、
東京都渋谷区になります。

 

【住所】渋谷区富ヶ谷2‐17‐12
【TEL】 03-6804-7924
【定休日】日曜日(第2・第3月曜日)

 

また、オンラインで通販をすることも
できます。

「SAC about cookies」オンライン通販

 

 

桜林直子の娘「あーちん」について

 

\15歳!/ あーちん お誕生日おめでとう🎈 今年もRyouraにケーキをつくってもらったよ🎂

サクちゃんさん(@sac_ring)がシェアした投稿 –


現在、中学生ながらイラストレーターとして
活動しているそうですが、

あーちんという名義でほぼ毎日
連載している「ほぼ日刊イトイ新聞」で
連載をしているとか。

 

中学生からこのようなイラストを
描いているということは、
将来はイラストレーターになるんでしょうかね?!

 

本人のやりたいことに対して
理解のありそうなお母さんのようなので、
きっといい方向に進みそうな気がします。

 

 

さいごに

 

僕は男なのでどちらかというと、
あまり縁のないお店かもしれません。

しかし、クッキーは好きなので
食べてみたいなと思いました。

 

独立して家計を支えることは
決して楽なことではないと思いますが、

それでもほのぼのとした雰囲気が
伝わってきていい家庭なんだなと
(勝手ながらではありますが)
感じました。

 

スポンサーリンク