安倍総理が衆議院の解散に踏み切ったことで、
新たに衆議院選挙が行われることになりました。

そんな衆議院選挙2017の投票日は
いつになるのでしょうか?

また、投票権を持っている
我々一般市民たちにとって
候補者の選出には慎重に
なるところです。

そこで今回は、候補者たちのなかでも
特に話題になった人の事に触れていき、
投票率についても取り上げていきたいと
思います!

 

 

衆議院選挙2017の投票日はいつ?

 

安倍首相が衆議院の解散を決めました。
そして、このことは同時に衆議院選挙が
スタートすることを意味するわけです。

 

衆議院解散はいつ?

2017年9月28日の臨時国会招集より
数日以内に解散予定で、

11月初旬には米国のトランプ大統領が
来日予定の為に、その前までに
選挙を終わらせておきたいという
考えがあるようです。

衆議院選挙2017の投票日とはいつ?

さて、気になる衆議院選挙2017の
投票日は、2017年10月22日に
確定しました。

安倍総理が残り任期1年を残しながらも、解散に踏み切った理由とは?

安倍総理が残り1年の任期があるにも
かかわらず、解散に踏み切った理由とは
いったいどのようなものだったのでしょうか?
家計学園問題や森友学園問題で
支持率低下したものの、

現在は支持率が回復したようで、
現在のタイミングを考えて
早期解散や総選挙を求める意見が
強くなっていたようです。
よって、現在の支持率が回復傾向にある
タイミングが早期解散や総選挙を迎えるのに
適していると判断したのかもしれません。

一方で、北朝鮮のミサイル発射や問題で
騒がれている中、政治に空白期間を作るのは
好ましくないという意見も見られました。

しかし、このような状況下で
北朝鮮への対応、規制改革、
北方領土の返還交渉などを
進めていくためにも、

早めに衆議院解散と総選挙を行って
国民の信頼を得るための政治基盤を
整えていく必要があると判断したようです。

 

また、それに加えて
民進党でおいて離党者が続出したことや、
小池百合子東京都知事が関与している
希望の党結成の動きがあったことも
関係しているともいわれています。

衆議院選挙2017で、これまで話題になった議員はどうなる?

ここ最近の間でも、いろいろと世間を
騒がせてきた国会議員の面々が
衆議院選挙に出馬していたりします。

そんなお騒がせ議員の面々を
挙げていくと、以下の様な
人物かなと思います。

山尾志桜里
豊田真由子
上西小百合
稲田朋美
以上4名について、当落予想も
絡めて(出馬しない人物もいますが)
取り上げていきたいと思います。

 

山尾志桜里議員

2016年にガソリン献金問題で
真相をうやむやにして、
ネットでは「ガソリーヌ山尾」という
あだながつけられていました。

「保育園落ちた、日本死ね」発言で
流行語大賞にも選ばれた実績があります。

そして、2017年には弁護士との不倫が
スクープされ、会見を開いたものの
不倫を認めず、民進党を離党しました。

今回の衆議院選挙では、
無所属で戦うようですが、
懲りずに安倍政権批判を
繰り返しているようですね。

まずは、安倍政権を批判する前に
自分のガソリン献金問題や
不倫について、真実を話したら
どうですか?という感じがしますが・・・

 

豊田真由子議員

この人も、2014年の号泣議員を
彷彿させるくらいに大きく
取り上げられた議員です。

秘書に対する「このハゲ~」発言は、
あまりにも衝撃的でしたが、
2017年の流行語大賞にノミネートされても
おかしくはないくらいにインパクトが
ありましたね!

 

現在、無所属で出馬して
演説に勤しんでいますが、
果たして投票する支持者が
いるのかどうかはいささか疑問ですw

 

 

上西小百合議員

この上西小百合議員もお騒がせな
人物でしたね。

近頃は、ツイッターなどで炎上することが
目立ち(というかそれしか話題になっていない?!)
国会議員らしい職務を果たしているのかは
謎のところがあります。

元々は日本維新の会に所属していたものの、
国会を休んで秘書と旅行に行ったという疑惑を
会見時には否定していたものの、
維新の会をやめていました。

近頃は東国原英夫氏とのバトルが
印象的でしたが、
今回の衆議院選挙には、

50代男性と結婚することや、
タレントとして活動することを
視野に入れているそうで
出馬はしないとのこと。