taiho

 

元東京都知事の 石原慎太郎氏が、
豊洲移転問題に関して小池都知事に
書面で協力すると意思表示をしたのかと思いきや、

状況が急変して都の聞き取り問題には
応じないということを言い出しました・・・

このような慌てぶりを考えると
「石原慎太郎は逮捕間近なのか?」という
疑念が生じても不思議ではありません。

 

 

スポンサーリンク

そこで今回は、そんな石原慎太郎氏が
何故態度を急変させたのか
その理由について迫っていきたいと思います!

 

石原慎太郎 逮捕間近か?だから態度が急変したのか?

小池百合子都知事が、所信表明演説の時にも
東京都議会の怠慢ぶりに釘を刺し、
都政改革にも意欲的な意向を
示していましたから、

「俺は終了したからノータッチだ。」
石原慎太郎氏は言いたそうだけど、
そう易々と問題から逃げることは
できないでしょう。

都議会のドン内田氏と石原慎太郎元都知事の
関わりに関しても実態調査が進み、

何かしら解決につながるヒントが発見できた
のかも知れません。

スポンサーリンク

石原慎太郎は豊洲問題に関わる質問には
全く回答せず、

「自分で調べたらいい」

「答えません」

「目障りだ」

といってごまかして逃げていました。
ということは、やっぱり何かを知っていて
しらばっくれているだけのような気がします。

そして、小池百合子都知事によって
公開されてはマズイ真実や内田茂氏と
石原慎太郎氏の秘め事が明らかになる時も
そう遠くないことも考えられます。

石原慎太郎 小池百合子都知事に厚化粧発言の復讐をされる?

小池百合子都知事は、豊洲市場移転問題で
これまでの豊洲市場長に対しては、
辞職者も合わせて責任の所在を
はっきりさせると語っていました。

そして、残りの幹部職員に関しても、
誰がやっていたのかと特定するための
行政監察手順を進め、
厳しく咎めるつもりだとも
説明していました。

このような会見内で、小池百合子都知事は、
強烈にツッコミをしていたところがありました。

それは、

「工事に関しての豊洲市場長のハンコが押されていること」

「その当時の都知事だった石原慎太郎も押捺していた事実があった」

小池百合子都知事のこれらの申し立てが
石原慎太郎が逮捕されることに直結するように思います。

都民が関心のあるのは盛り土の費用である
100億円は何処へいってしまったのか?
ということと思います。

100億円もの巨額な金なので、
密かに検察庁も動き出している
というウワサもあります。

豊洲問題で石原慎太郎が逮捕されれば、
都知事時代の豪遊していた事も
暴露されていくのではないでしょうか??

19回も海外出張していたわけですが、
対象の金額が何と2億4千万円なのだとか。

その中でも突出しいると言えるのが
2006年の5月のロンドン・マン島視察で、
オリンピック大会の下見そのものは
90分で終了したにも関わらず、

マン島オートバイレースの観戦で
3600万円の経費を使い込んだとか・・・

今までは各媒体でのニュースを見ると
分かるように、石原慎太郎氏は
豊洲移転問題に関する質疑に対し
ある程度答えを示す態度を取っていたし、

小池百合子都知事の聞き取り調査にも同意する
といった応対であったのになぜだろうと
疑念が残ります・・・

しかし、これにより都政のずさんな現実が
明るみになった以上、ほこりを叩きまくって
徹底的にやってほしいなと思います!

女の恨みは恐ろしいというか、
7月の都知事選のときに言われた
「厚化粧」発言に対する恨み
少なからずあるような気がします・・・