日本時間の6日の午後に、
「太陽フレア」といった
現象が起こったことで地球全体に及ぶ影響が
心配されています。

もし影響が及ぶことになる場合は
もしかすると2017年9月8日じゅうに
何かしらのアクシデントが発生する
恐れがあるかもしれません。

今回はそんな「太陽フレア」によって
起こりうる通信障害やもしアクシデントが
発生した場合の対策について
取り上げていきます。

スポンサーリンク

太陽フレアとは?

太陽フレアとは、太陽の表面から起こる
スケールの大きい爆発現象を指します。

太陽の表面での爆発現象は絶えず起こっていて
小さな爆発は1日に3回程起こっているとのこと。

しかしながら、今回のような最大クラスの爆発は
滅多にあることではなく、2006年12月に観測されたとき
以来の事になります。

今回の「太陽フレア」は、
日本時間9月6日の午後5時50分と、
午後8時53分に発生しました。

太陽フレアが発生したことによる影響について、
人体に健康面での被害が及ぶことはないとのこと。

今回の「太陽フレア」は、
日本時間9月6日の午後5時50分と、
午後8時53分に発生しました。

太陽フレアが発生したことによる影響について、
人体に健康面での被害が及ぶことはないとのこと。

しかし、太陽フレアが発生すことによって
高温のコロナガスが地球に到達し、
地球を覆っている磁気と衝突することで
磁気が乱れてしまい、通信障害が発生する
可能性はあります。

スポンサーリンク

太陽フレアの影響で起こりうる障害とは?

■通信衛星や衛星放送などに障害が起こる
■GPSの不具合
■スマホなどの通信障害
■送電線へ悪い影響が及ぶ
■電子機器が使えなくなる可能性がある

 

太陽フレアの影響により、通信機器に障害が
発生し、たとえばスマホやナビなどの
位置情報サービスが正常に作動しなくなる
可能性があります。

過去の事例を取り上げると、
1989年3月にカナダのケベック州にて
600万世帯にものぼる大規模な停電が
起こったことがあります。

日本だから何も起こらないということは
何も根拠がないので、大事に備えて
避難ができるように準備しておくことが
望ましいと思います。

 

 

太陽フレア対策で私たちができることは?

太陽フレアの影響によって
数日から1週間ほどは通信機器に
影響が出る可能性があります。

必ず起こる事なのかどうかは
わかりませんが、
来るべき時に備えをしておくことで
被害を最小限に抑えることは
できるかもしれません。

ちなみに、太陽フレアによって発生した
ガスが地球に到達するのは、

2017年9月8日の15時から9日の0時頃
であると言われています。

また、1989年に発生した大規模の停電も
ガスが到達してから数時間経過してから
ということだったので、暫くの間は
油断できませんね。

 

 

今回の太陽フレアも地震などの災害と
同じように、非常食、懐中電灯、飲料水など
何があっても大丈夫なように備えておくと
安心だと思いますが、

太陽フレアといっても地震などと違って
あまり認識がないのが現状だと思います。

特に年配の方はネットよりも
新聞紙で情報を得る人が多いので、
余計に難しいかなと思います。

よってまずは、ネットなどで
情報を知りえることが出来る僕たちが
働きかけることで少しでも被害を
最小限に抑える事かなと思ったりします。