かつてはメジャーリーグで活躍し、
「怪物」とも言われていた松坂大輔選手。

2017年現在は福岡ソフトバンクホークスに
在籍していたものの、
今シーズンいっぱいで事実上の
解雇となる模様。

 

松坂大輔氏本人が現役続投を
希望していたために移籍先を
探すことになるようですが・・・

 

身体の故障や、あの体型などを
考えると今は引退して今後の展開に
ついて考えてもよいのではないかと
いう気もしますが・・・

 

そこで今回は松坂大輔投手が
引退しない理由や、そもそも
不調の原因はなんだったのか?

そして嫁の柴田倫世さんとの
関係はどうだったのか?
一部ではさげまんだとも評されて
いるようですが、

いくつかの疑問について
迫っていきたいと思います!

 

 

 

松坂大輔が引退しない理由とは?

嫌らしい話ですが、松坂大輔投手は
福岡ソフトバンクホークスと
3年契約を締結していて、

総額12億円プラス、インセンティブ
という契約を結んでいるようです。

しかし、身体の故障などから
1軍の公式戦で登板したのは
ごくわずかでした。

2015年度は一軍昇格が
なかったようで、

2016年は一軍昇格のチャンスを
ゲット出来て1試合のみ
登板したものの、
結果は鳴かず飛ばず。
(それも楽天イーグルスとの
消化試合でした)

そして、2017年は右肩の不調を
訴えており一軍での登板はありませんでした。

 

ちなみに、下の画像は
松坂大輔投手のソフトバンクホークス
時代の成績をまとめたものになります。
(西武時代のものもありますが)

2017-11-04_081701引用元 http://npb.jp/bis/players/31233888.html

 

 

この表を見る限りでは
松坂大輔投手の成績や
登板数から考えると、

いくらかつては凄い選手だったとはいえ
チームに貢献するどころか
(言葉は悪いですが)
居座らせてもらえた上に
お金までもらえたということで、

給料泥棒といわれても
仕方がないかもしれません。

 

にもかかわらず、3年契約を結んでいたために
年間4億円もの大金を稼いでいたことに
なるわけですから、

ある意味おいしい契約であると
思っているところは
あったんじゃないかなと思います。

 

もちろん、かつては好成績を残した
選手なので、身体の故障を回復させて
試合で貢献したいという思いも
あるとは思いますが・・・

 

メジャーリーグに行ったことで
食生活も変わったでしょうから、

それによって体重の変化や
思うような成績を残すことができず
ストレスが溜まって太ってしまったのかも
しれません。

ですから、そのようなことも重なったので
本人としては奮起して立て直したい
という思いが強くて引退しないのかも
しれません。

また、引退しないもうひとつの理由としては
嫁の柴田倫世さんが「さげまん」だという
噂もあるようですが・・・

 

 

 

松坂大輔の嫁がさげまんといわれる理由とは?

松坂大輔投手の嫁といえば、
元日テレの柴田倫世アナウンサーです!

 

柴田倫世さんはかなりきれいな人なので、
正直松坂大輔投手と結婚したのは
お金目的なのかなと思っていましたw
実際に表向きの印象は、
夫婦仲というよりは子供の養育に
力を入れている印象を受けます。

 

現在松坂家の家賃は約400万、
そして3人の子供の学費だけでも
年間1200万円もかかっているようです。

 

これは嫁の柴田倫世さんの
子供たちにしっかりとした教育を
させたいという母親の意向が強いから
でしょうけど、

 

でも松坂大輔投手の稼ぎから考えると
決して高い額ではないかなと思います
(一般的に考えたら高いですが・・・)

 

しかしながら、表向きのイメージだと
夫のケアよりも子供たちに力を
入れている印象が強いために
残念ながらさげまんと評されているようですw

 

 

さいごに

かつては「平成の怪物」とまで
呼ばれていた松坂大輔投手。

現在は身体の不調などによって
厳しい結果しか残すことが
できませんでしたし、

メジャーに行ってから
太ってしまったことなど
マイナスな印象しかありません。

本人の意向と身体の調子の
バランスを考えると
現実的には現役続投というのは
かなり厳しいのではないかなと。

しかし、これまでの貯えが
かなりあるでしょうから、
引退して別の仕事があるでしょうし、

個人的には次を見据えていったほうが
いいような気もしなくはありません。