耳をすませばで、月島雫の妄想より
誕生した猫の男爵「バロン」

なぜ彼は「かっこいい」と評されるのか?

猫の恩返しというストーリーは、バロンとムタが主役の
ストーリーにしたかったことから制作された映画です。

※別記事で制作秘話について取り上げています。
宜しければご覧ください。

猫の恩返し 制作秘話

今回は、そんなバロンの魅力について
迫っていきたいと思います!

 

 

 

猫の恩返し バロンがかっこいいと言われる理由とは?

バロンの本名は、「フンベルト・フォン・ジッキンゲン」
という英国紳士風な名前ですね!

また、ストーリーの元ネタとなったのが、
どうやらドイツとのことだそうです。

夕闇の光を受け、瞳の奥が
キラキラと光ります、その不思議な色は、

ハルや雫などを、
異次元の世界に案内する
といった、案内人的な役割を
演じています。

猫でありながらも、上品で
気高い感じがします。

ちょっとしたしぐさ、つまり
椅子の座り方なんかでも
気品が漂う感じです。

また、最初は猫の国でもてなしを
受けていたものの、人間界に
戻りたいと願う春を叱咤激励し、

無事に元の世界に戻す手助けを
したところなんかも、
かっこいいなと思います!

なかなか、あれほどクールで
かっこいい猫はいないんじゃないでしょうか??

また、一見クールだけど、
ハルをお姫様抱っこしながら
走っていくときに、目を合わせられないところが
またかわいらしいというかなんというか・・・・

猫の国から抜け出して、ハルに
別れのあいさつをするシーンで、

人間と猫で身体の大きさに
差はあるものの、ハルに優しく接するところ
なんかも決まっているなと。

そんなところもまた魅力のひとつですね!

なんというか、猫だからかっこよく感じるのかも
しれませんが、人間でもなかなか自分の身をもって
大切な人を守るなんてことはそうそうできないかなと。

この映画を観て感じたのは、
アリス・イン・ワンダーランドに
出てくる、アリスとマッドハンターのような
関係みたいな気がします。

まあ、バロンのほうが、
マッドハンターよりも男前では
ありますが(笑)

そして、セリフというか、名言も
心に残るようなものですよね!

Twitterでも、名言が
つぶやかれていました!

 

 


引用元 goo.gl/mjidVz

 

 

 


引用元 goo.gl/mjidVz

 

 

 

 

引用元 goo.gl/mjidVz

 

 

ということで、かっこいいキャラのバロンは、
声優さんも男前なんです!

 

 

 

猫の恩返し バロンは声優もかっこいい!

猫の恩返しでバロン役をしていたのは、
俳優の袴田吉彦さんです。

袴田さんも、クールで二枚目な感じなので、
役柄と合っていると思います!

袴田さんは、この映画で声優を演じて以来、
あまり表舞台には出ていないようですが、
なかなかのはまり役でしたね!

 

他にも、

池脇千鶴さん、袴田吉彦さん、
渡辺哲さん、斎藤洋介さん、
山田孝之さん、大泉洋さん、
前田亜季さん、丹波哲郎さん

 

といった有名どころの
俳優さんや女優さんが声優を
演じていたので、

そういったところも主役だけではなく、
脇役も豪華だったのかなと感じますね!

また、注目したいところは、
視聴率ですが、となりのトトロや
紅の豚も高い数字を出したので、

きっと猫の恩返しも間違いなく
10%は超えるものと思われます!

個人的な予想では、13%から16%の
間かなと思います。
ちなみに、視聴率の推移は、
以下のようになっています。

回数 放送年 視聴率
1 2005/8/16 17.5%
2 2008/7/4 12.2%
3 2010/10/22 11.6%
4 2013/7/19 15.3%
5 2016/11/18

 

ということで、放送回数は
2016年11月18日で6回目を
迎えるわけですが、

過去の推移をみても、
やはり10%台は固いところでしょうね!

 

ジブリ人気は、時代が変わっても
絶えないところが凄いなと思うし、

時代を超えても愛されるものだなと
感じます!

やっぱり、キャラクターに個性があって
かっこいいからじゃないでしょうかね?

あなたはどう思いますか?

それではまた!