2016年の紅白歌合戦の
出演者発表が、
11月24日に行われましたが、

なんと、あの和田アキ子さんが
どうやら落選してしまったそうな・・・

2016年に紅白出場となれば、
記念すべき?!40回目の
出場となり、2016年も出場するのでは?
と思っていましたが・・・

ということで、今回はそんな
和田アキ子さんの紅白落選した
理由について迫っていきたいとおもいます。

和田アキ子 紅白落選理由① 世代交代によるもの

近年の和田アキ子さんは、
歌手というよりは、

サンジャポなどの情報番組の
辛口なコメンテーターという
印象が強く、

ヒット曲らしいものがなく、
昔の曲を歌っている、
という印象が強かったです。

ですから、考えられる理由として
有力なものは、世代交代の
一環なのかもしれません。

2016年の紅白出場が
内定したメンバーを見てみると、

80%以上が若者向けの
アーティストではないかと
考えられます。

※紅白出場の内定者については、
別記事でも取り上げていますので
宜しければご覧ください。

紅白歌合戦 2016出演者 内定発表

 

2013~2016年の間に、
北島三郎、森進一、細川たかし
といった演歌の大御所が
こぞって紅白辞退しています。

このようなことから、少なくとも
表面上は世代交代が原因ではないかと
考えられます。

和田アキ子 紅白落選理由② 週刊文春で「女が嫌いな女」で一位だった!

上にも書いたように、人気低迷に
よるものや、

2016年に新曲を発表したものの
鳴かず飛ばずだったことで、

尚且つこれまでの紅白でも
過去の曲ばかり歌っていたことから、

なあなあになっていた感も
正直否めません。

また、週刊文春による
「女が嫌いな女」で
1位を獲ったことから、

一定数のアンチもいるでしょうから、
積りに積もったものが表面化したのかも
しれません・・・

ネットでも、和田アキ子さんが
紅白落選したことについて、

どちらかというと、
良い反応があったようなので、

世間の目からしても
視聴者の立場からすると
プラスに傾いたと言えるでしょう。

 

和田アキ子 紅白落選理由③ 事務所の力が影響していた?!

 

じつは2015年の紅白にかろうじて
出演できた理由として、

同じ事務所の綾瀬はるかさんが
司会だったことから、

事務所の力によって出場
できていたとも言われています。

「ホリプロ所属で、高視聴率を取った朝ドラ『とと姉ちゃん』の主演・高畑充希(24)が”夏の紅白”ともいわれる『思い出のメロディー』の司会を務め、一時期、紅白本番でも司会の有力候補と言われていました。高畑が司会なら、昨年の綾瀬のパターンと同じで、和田も出場できるのではとみられていた。でも結局司会は来春の朝ドラヒロインの有村架純(23)に決まった」(スポーツ紙記者)
(引用元:週刊文春 2016年11月24日号)

このことにより、2016年度は
事務所の力で出場させることが
難しかったのではないか?

と言われているようです。

そこで、同じ事務所の
鈴木亮平さんが、

大河ドラマ「西郷どん」に
するということでその繋がりも
有力と思いきや、

そこは逆にNHKからの
大抜擢ということもあってか
和田アキ子さんの紅白出場まで
導く力はなかったようです・・・

 

 

まとめ

 

■和田アキ子さんが2016年の
紅白に落選したとされる理由は、

①世代交代によるもの
②人気低迷によるもの
③事務所の力が関係していた可能性

ということが考えられます。

まあでも世代交代やなんやらで
色々ありましたので、
これはこれで良かったのかもしれません。

 

続々と大御所も辞退していますし、
逆に和田アキ子さんが出場していたら
浮いていたかもしれませんしね・・・

 

 

 

スポンサーリンク