トランプ大統領は原子力空母
カール・ロビンソンを
基軸とした打撃群を北朝鮮近くの海に
向かわせておき、

どんな時でも核やミサイル実験が
あった時にはすぐさま迎撃すると
主張しているといった状況です。

金正恩もアメリカの圧力に対しては
武力で抗戦し、アメリカに核攻撃をしていく
という事を媒体を介して発信していているため
緊張状態が続いています。

先日のシリア攻撃から考えても、トランプ大統領は
本気で戦力による圧力をかけていく可能性が高く、
アメリカの同盟国に向けて北朝鮮を攻撃する
意向を配信しているという噂もあります。

実際に、オーストラリアの基地から
北朝鮮によるミサイル発射の
監視体制の強化が行われており、
北朝鮮攻撃までのXデーが近いのでは
ないかと言われています。

そのXデーに関してですが、4月27日(木)が
濃厚ではないかと噂されています。
また、韓国ではソウルが北朝鮮による
一番の攻撃対象となっていることからも
世界各国で注目になっています。

当然アメリカが正式に
攻撃日時を公にするはずが
ないわけですが、なぜ4月27日と
予想されているのでしょうか?

スポンサーリンク

トランプによる金正恩討伐の作戦とは?

此度の北朝鮮に向けた攻撃は空爆では無く
金正恩のみをターゲットにした「作戦」が
敢行されるとのことです。

この「作戦」とは、アメリカの特殊部隊が
北朝鮮に向かい、60分程度の短い時間で
金正恩のみを攻撃し、退却するといった
難易度の高そうな作戦であり、

「北朝鮮」への攻撃ではなく、核に関わる
意思決定の権限を持っている独裁者のみを
ターゲットにしているという特殊なものです。

こういったことが本当に可能なのかと
いうところですが、2011年5月2日に
あのオサマ・ビンラディンを退治したときの
作戦と同様のものと言われています。

オサマ・ビンラディン退治の時の所要時間は
40分とのことで、凄まじいほどに短時間で
やり遂げて成功していることからも、
アメリカ特殊部隊の遂行能力の高さが伺えます。

勿論唐突に作戦を敢行したわけではなく、
事をなすためには相当の準備と訓練で
シミュレーションを積んだ上での実施とのこと。

スポンサーリンク

要するに今回の金正恩の討伐においても。
金正恩の居場所や隠れ家、
建物のつくりや警備の仕組みなど
周到に調べられ、実物を想定して
疑似の建物をつくり、訓練を積んできた
ものと思われます。

また、このような作戦を遂行するためには
本物と同じような雰囲気にするための
精度の高い情報がない限りは難しいと
思います。

オサマ・ビンラディン退治の時もそれと同様に、
ビンラディンの配下のなかに、アメリカ軍の
スパイ又は情報収集できる人材がいて、
それによって精度の高い情報を得ていたのでは
ないかと思われます。

ビンラディンの際もスパイが
身近なところに居たように、
金正恩のそばにもアメリカと
関係している人物がいるのでしょう。

他に考えるとすると、衛星写真の
高度解析などを利用して、
作戦計画を練っているものと思われます。

トランプによる攻撃のXデイはなぜ4月27日なのか?

こういった現状の中で、韓国等の国では
北朝鮮攻撃のXデーが4月27日(木)であると
噂されています。

この推測の主な理由は4月27日が
新月で真っ暗闇になり、作戦遂行しやすい
ためと言われています。

また、オサマ・ビンラディン討伐の時も
新月の夜だったそうです。

具体的な理由は真っ暗闇になるため、
ステルスヘリのブラックホークが
レーダー等に感知される確率が
低くなるということが考えられるとのこと。

金正恩の「討伐作戦」も
オサマ・ビンラディンの時と
同じ作戦であると言われていることからも、

ミッションを遂行するタイミングとしては、
4月27日がベストであることや、
次の新月は1か月後となってしまうため、
タイミングを考えると4月27日になるのかなと。

金恩正はXデーをどう対処する?

これほど公に4月27日(木)がXデーと
噂になっている以上、金正恩は
この前後で身を隠すのではないかと
思われます。

その時には本当に信頼できる
人物のみ共に身を潜めるものと
予想します。

その時には本当に信頼できる
人物のみ共に身を潜めるものと
予想します。

金正恩はかなり用心深く、
自分に近い立場の人物でさえも
警戒しているとのこと。

ですから、Xデーとされる
タイミングでは相当警戒している
ものと思われます。

けれどもアメリカ軍もそのようなことは
想定の範囲内だと思われますので、
身を潜めたとしても徒労に終わる可能性が
ありそうな気がします。